Baby&Kids

登園の度に大号泣!笑顔への近道は、時間をかけて慣れていくこと

vol.1720【1日1成長お母さん】泣いているときはそっと側にいてと先生にお願いしてみよう

何をしても泣いてしまう。慣れるまでは時間をかけて子どもに寄り添おう

春は入園やクラス替えの季節。人見知りが強くてお母さんの側を離れようとしない子は、とても心配になりますよね。園に通わせるのが早かったのかと迷うこともあるでしょう。人見知りが強いタイプの子は、五感や環境の違いに敏感です。中には半年程泣き続ける子もいるもの。でもそんな子は自分のペースが許される環境では努力を惜しまず、心の中では強い意志や野心を持っています。子どもに合わせ慣れていける環境を整えると安心して通えるようになるでしょう。
 

新しい環境へのチャレンジ。怖いなら安心できるようサポートしよう

感覚が敏感で人見知りな子は、新しい環境を怖がることがあります。何をしても誰が誘っても泣いてばかり。お母さんにとっては八方ふさがりに感じるかもしれませんが、子どもにとっては新しい環境をよく観察している時期です。みんなと同じように歌ったり遊んだりできないとき、子どもは観察期間。自分で安心できたら挑戦していけます。お母さんも先生も“いつかできる”と信じて子どもの「見ていたい」という気持ちを優先し、そっと側にいてあげましょう。
 

急にではなくゆっくり慣れてこう。時間をかけ慣れることが安心に繋がる

幼稚園に入園した Hくんは一日中泣いている子です。自由に遊ぶこともお弁当も拒否、お友達に遊びに誘われても入れない…。そこでお母さんと先生は相談しました。いつも同じ席に座れるようにしてもらい、Hくんがその場にいるだけで活動に参加しているのと同じだということを決め、見守ることに。するとHくんはだんだん安心し、2学期に入ってクラスの活動に参加できるようになりました。自分から先生やお友達に話しかけて遊べるようにもなっていきました。
 

安心できたら個性が輝く。自分で決めたことを続けられる力が才能へつながる

泣いてばかりの子は、か弱そうに見えて内に秘めた強さがあります。一旦「もう大丈夫」と安心できるとHくんのように自分から遊びに入れるようになります。芸術的センスがあり「今はお絵描きがしたい」と自分の思いを貫いて楽しみ、色とりどりの表現豊かな絵を描く才能が開花することも。そのためにも、環境に慣れる期間を長めに取り子どもが安心できるよう先生と話し合ったり、おうちでは抱しめて、たっぷり甘えさせてあげましょう。無理をさせないこと、安心感を与えることが大切です。
 

今日の1日1成長

園生活にすぐになじめなくても“いつかできる”。信じて毎日抱きしめよう
子どもの適応力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
きとうめぐみ(文)さわどあさみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]