Baby&Kids

癇癪は思いを伝えたいというサイン。泣く以外の表現を教えよう

vol.1722【1日1成長お母さん】気持ちを伝えられることで感情のコントロールができる子になる

うまくいかないときは泣き言を言ってもいい。子どもの思いに耳を傾けよう

子どもは3歳になると自分で何でもやりたいという気持ちが強くなります。自立心の芽生えです。しかしやってみたけどできなかったなんてことも多々あります。そんなときは悔しい思い・やりきれない思いを全力で表します。「やだー」と泣きわめくこともあるでしょう。泣き止まない我が子に「泣かないの!」と突き放したくなる日もありますが、子どもの思いにお母さんが耳を傾けることで子どもは感情のおさめ方を学んでいきます。
 

悲しい気持ち・甘えたい気持ちは抑え込まず、しっかり表出させ寄り添う

お母さんの中には強くたくましい子に育ってほしいと考える方もいるでしょう。3歳のRくんのお母さんもその一人。Rくんが少しのことで泣くのでお母さんはイライラしてしまいます。服のボタンを自分で留めるけどできなくて大泣きする、靴を履こうとするけど足が入らなくて叫ぶなど泣く状況は様々あります。感情を素直に表すことは子どもには必要なこと。嫌な気持ちや悲しい気持ちを消化しないと、次へチャレンジするときに不安が残ってしまうことがあります。
 

癇癪は思いをわかってほしいアピール。寄り添う言葉とタッチングをしよう

子どもが泣いたり甘えてきたりしたときには一旦受け止めましょう。「悲しかったね」「頑張っているね」と寄り添う言葉をかけます。時には癇癪を起こすこともあります。そんなときは寄り添う言葉に加えてタッチングをします。トントンと軽く背中に手を当てリズムをとるのです。ゆったりとしたトントンのリズムに合わせるように徐々に興奮が和らぎます。癇癪は自分の気持ちを分かってほしいという子どものアピールです。子どもの思いに目を向けましょう。
 

自分の思いを言葉で表現できると解決法がわかり感情のコントロールに繋がる

子どもは伝えられないとき・分かってもらえないときに癇癪を起こします。逆に言うと伝えかたが分かれば癇癪が減り、感情のコントロールにも繋がるのです。子どもが壁にぶつかっているときには「教えて」「手伝って」「聞いてほしい」など人に頼る、相手に甘える言葉を教えましょう。人に頼ることで解決できることもあると経験できます。困ったときや悲しいときには甘えたり頼ったりと、人と関わりながら生きていくことの大切さを学ぶことができるのです。
 

今日の1日1成長

癇癪は強い子になるためのステップ。感情を受け止め、甘える方法を教えよう
子どもの立ち上がる力も1成長、お母さんの寄り添う力も1成長。
みきいくみ(文)吉田あき(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]