Baby&Kids

「走らない」と「走って」は同じ意味。伝わる言葉は「歩こうね」

vol.1759【1日1成長お母さん】子どもの脳はイメージ優先。良いお手本につながる言葉で伝えよう

約束事作りのコツ。「××しない」をやめて「〇〇しよう」と書こう

年度始めに今年度の目標を立てた人も多いことでしょう。その目標は順調に実行できていますか?もしなかなかうまくいかないとしたら、目標の表現を見直してみましょう。成功率アップの鍵は言葉の使い方にあります。子どもとの約束事を決めるときも同じです。やるべきことがイメージしやすい肯定的な言葉で約束事を決めましょう。ポイントは「××しない」を「○○する」に変えること。たったこれだけで成功率がグッとアップします。

子どもは言葉から動きをイメージする。やってほしい動きを言葉にしよう

「××しない」という表現を“否定命令”と言います。お母さん達が子どもの頃、先生から「廊下を走らない」や「忘れ物をしない」と注意されるなど聞き慣れた言い方だと思います。しかし子どもの脳は言葉から動きをイメージしているので「走らない」と言われると「走る」イメージが頭の中に浮かんでしまい、より走りたくなることが近年の研究でわかってきました。牛乳を運ぶ子どもに「こぼさないで!」と声をかけるのは逆効果だったのです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]