Baby&Kids

男の子の集中力を育てよう!好奇心と探求心もたくましく育つ

vol.1798【1日1成長お母さん】集中するのが苦手でも自然の中では一味違う!飽きずに遊べ集中力が伸びる

男の子に集中力をつけさせたい!様々な素材がある自然の中で遊ばせよう

子どもにはたくましく育ってほしいと願うことも多いでしょう。勉強でもスポーツでもしっかりと集中して持っている能力を引き出し、十分に発揮してほしいものです。男の子は女の子に比べると身体を動かすことが大好きなので、じっとして集中することが苦手です。飽きっぽいところもあり、次から次へと新しいことに目を奪われてしまうのです。そんな男の子に集中力をつけさせるためには、自然の中で遊ばせるのが効果的です。
 

集中力を伸ばすなら2歳が良い時期。好奇心を持って行動できる子になれる

自然の中では葉っぱを川に流したり、木や崖に登ったりして一日中飽きずに遊ぶものです。同じことを長い時間続けているときは、体験していることを考え、探求しているため集中力が伸びていきます。集中力の基礎は2歳頃に著しく発達します。そのため2歳までに自然の音や風などで五感を刺激させてみることや、物をにぎれた、投げられたなど、できた体験をたくさんさせることが大切です。集中力は“楽しい→できた→わかった”という三つの段階を繰り返すことで生まれます。
 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]