Baby&Kids

子どもの買って攻撃には、思い切って「いいよ!」と答えよう

vol.1891【1日1成長お母さん】スーパーで子どもが駄々をこねる前に打てる手がある!

Recommend





「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?



スーパーで“泣いたら仕方なく買う”の子どもの泣き落としには要注意!

子どもとスーパーに行ったら欲しい物をねだられたこと、ありませんか?「買わないよ」と言うと「買って!」と大声で泣き、床に寝そべって駄々をこねる子どももいます。困り果ててしまい、お母さんが“泣いたら仕方なく買う”ことをしてしまうと、子どもは泣いたら買ってくれるということを学習します。そのため、次からも買ってもらうまで泣き続けるのです。泣き落としには、泣く前に手を打つことが大切になってきます。

子どもの要求にはまず「いいよ」と受け入れ、その後条件をつけよう

3歳のNくんはスーパーに行くと「お菓子買って!」とせがみます。お母さんは「ダメ!買わないよ」というと、床に寝そべって泣いて駄々をこねます。ある日、お母さんは「いいよ!お母さんの用事が終わったらね」と言ってみました。Nくんは少し驚いた様子で「うん!終わったらね」とご機嫌でお母さんが終わるまで待ってから、お菓子売り場に向かいました。お母さんは「ダメ」ではなく「いいよ」と言うと、お互いにストレスなく買い物ができることに喜びました。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE