Baby&Kids

0歳にはふれあい遊びを。心地よい刺激が赤ちゃんは大好き

vol.1899【1日1成長お母さん】赤ちゃんが泣いたら抱っこの前にスキンシップを試してみよう

赤ちゃんが泣いたら、授乳・おむつ交換・スキンシップを試してみよう

寝返りをする前の赤ちゃんを育てているお母さんから“なかなか泣き止まない”“ずっと抱っこで大変”という悩みを多く聞きます。まだ赤ちゃんとの生活に慣れていない出産直後は、お母さんが一番大変なときです。授乳やおむつ交換をしても泣き止まないときには、ふれあい遊びやマッサージでスキンシップを取り入れてみてください。お母さんの声と肌のぬくもりが、赤ちゃんに安心感を与えます。抱っこ以外の泣き止ませ方を見つけると、育児が楽になるでしょう。

0歳の赤ちゃんが安心するポイント。肌が触れ合うことでリラックスする

肌と肌が触れ合うスキンシップはリラックスできる効果があり、赤ちゃんを安心させます。そして肌への心地よい刺激は、筋肉の発達を促し運動機能を向上させる効果も。ふれあい遊びは赤ちゃんの首すわり前からできます。赤ちゃんの指をくるくる回したり、手を握ったり、足を握ってクロスさせたりしてみましょう。「○○ちゃん、くるくるくる」などと声かけをしながら行うことで安心感が増し、スキンシップの効果が高まります。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE