Baby&Kids

怒る前に一呼吸、誰のために「しなさい」と注意している?

vol.1943【1日1成長お母さん】お母さんのためなら怒らずに。子どもの思いを尊重しよう

親が叱りたくなる理由は3つ。本当に必要な注意かどうかを考えてみよう

入園が近くなり、しっかりとしつけをしなくてはいけない時期ですね。手を洗いなさい、挨拶しなさい、急ぎなさい。気づけば一日中「しなさい」と注意し続けて、ぐったりすることもあります。そこでちょっと一呼吸、本当にしなくてはいけないことなのかを考えてみましょう。親が子どもを叱りたくなる状況とは次の3つです。まずは子どものため、次に子どもがより良く生きるため、最後はお母さんのためです。お母さんのための注意は、本当に必要でしょうか?
 

叱る前に一呼吸。誰のための「しなさい」なのか考えると不必要な怒りが減る

子どものための「しなさい」はしつけとして必要なことですね。「手を洗いなさい」は子どもの健康のため「挨拶をしなさい」も子どもが良好な人間関係を築くために大切です。「急ぎなさい」はお母さんの予定に間に合うために必要なことです。子どものためと思いながら、実はお母さんの都合で叱ってしまっていることがあるのです。感情に任せて怒る前に、誰のためなのかを整理してみましょう。お母さんのための「しなさい」をやめるだけで、余計なイライラがぐっと減ります。
 

Recommend

【医師監修】産後ママを悩ませるシミや肝斑。効果的な施術メニューとは?

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]