Baby&Kids

失敗は成功のもと!3歳の「自分でやりたい」はどんどんさせよう

vol.1963【1日1成長お母さん】たくさん失敗することで問題を解決する力が身についていく

「自分でやりたい」ことは迷わずやらせてあげよう!失敗から学ぶことがある

3歳になると「自分でやりたい」と言い出すことが多くなります。服を着れば自分でボタンをしめたいと言い出し、飲み物を出せば自分で入れたいと言います。しかしどれもうまくいかずに、結局泣く羽目に。やっぱり私がした方が早かったと、お母さんがイライラすることもあるでしょう。それでも子どもが「やりたい」と言い出したら、迷わずやらせてあげてください。この時期に“失敗する”ことをたくさん経験しておくことが、自分で問題を解決する力を育むことになります。

失敗しても叱らずに質問しよう!お母さんが笑顔なら後始末も楽しくできる

3歳のKちゃんはままごとが大好き。お母さんがご飯をよそっていると、自分もやりたいと言い始めました。Kちゃんがやった後は、ご飯粒が床に散らばっています。そのまま机に運ぼうとして、足にご飯がくっつきました。思わず叱りそうになりましたが「足についたね。どうする?」と聞いてみました。「いっぱい落ちているね。拾う!」と言いました。どうやらお手伝いに一生懸命で、こぼしたことも気づいてなかった様子。叱らずに聞いたことで、後始末も楽しそうにやってくれました。

Recommend

五感を刺激!お風呂のおもちゃが好奇心を育てる【Sassy】の新作が登場!

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]