Baby&Kids

保湿クリームは子どもの肌だけじゃなくお母さんの心も潤す

vol.2014【1日1成長お母さん】肌と肌との触れ合いが幸せホルモンの放出を手助けしてくれる 

スキンケアとスキンシップ。どちらも大切だから二つまとめてやっちゃおう

0歳の赤ちゃんとお母さんにとっては、どの季節も初めて迎えるものです。四季折々の景色を見せてあげたいものですが、季節が移ろうことによる難しさもあります。暑い季節にはあせもに気をつけて、寒くなったら乾燥を気にして。一年を通して変化する環境から、お肌を守るためのスキンケアも大変です。しかし、クリームを塗ったり汗を拭いたりするスキンケアの効果は、赤ちゃんのお肌を守るだけではありません。実はお母さんの心にも良い影響を与えてくれるのです。

肌が触れあう。それだけでお母さんも子どもも幸せホルモン大放出

肌と肌を触れ合わせることを“タッチング”と言います。気持ちが落ち着いたり、幸せホルモンと言われるオキシトシンの分泌を促進したりする効果があります。ハグはもちろん、背中をトントンしたり、クリームを塗ってあげたりするのも同様です。特に0歳は“感覚期”と呼ばれるほど五感へ刺激を与えることが大切な時期です。お肌のためにとがんばっていたクリームを塗る作業は、赤ちゃんの感性を刺激するだけでなく、お母さんを幸せな気持ちにする効果があります。 

Recommend

フランス発のブランド・GLOBBERの【ゴーバイク デュオ】でキックバイクデビューしよう♪

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

RECOMMEND

Ranking
[ 人気記事 ]