FacebookInstagramYouTube
復縁したいなら冷却期間はどのくらい?メリット・デメリットや男性心理・女性心理

出典:PIXTA

Lifestyle

復縁したいなら冷却期間はどのくらい?メリット・デメリットや男性心理・女性心理

恋人や配偶者と別れた後、「相手のことがやっぱり好き」「忘れられない」ということに気づくことは多いのではないでしょうか。一度別れて復縁を望むなら、冷却期間はとても重要となってきます。今回は、別れた後どのくらいの冷却期間を置くべきかをご紹介しましょう。あわせて、復縁の可能性が上がる冷却期間の過ごし方や、冷却期間を設けることのメリット・デメリット、男性心理・女性心理も確認していきます。元夫や元妻、元カレや元カノと復縁したい人は、ぜひチェックしてみてくださいね。
※ 本サイトはプロモーションが含まれています。

▼彼ともう一度幸せになりたい…そんな時は「エキサイト電話占い」で相談!

アフィリエイトリンク

彼と別れてさみしい、復縁へのアドバイスが欲しい…そんな時は1人で悩まず、誰かに話すことで必ず解決の近道を見つけられるはずです。「エキサイト電話占い」は第三者の目線であなたの気持ちに寄り添ってくれます。 数多くの有名占い師が在籍しているのでぜひ相談してみてください。

初回合計最大8500円分無料
公式サイトでチェック!

PR:エキサイト

■そもそも冷却期間とは?どうして必要なの?

出典:PIXTA

別れた後の冷却期間が必要な理由をご存じですか?冷却期間を置くことも復縁を成功させるポイントなのでご紹介します。

・冷却期間とは

冷却期間とは、一度別れてしまった相手としっかり距離を置いて自分の気持ちを整理する準備期間のことを言います。

・冷静に考えるために復縁には冷却期間が必要

別れた後に復縁を望むのであれば、別れた原因や今の状況について考える期間を設けることはとても重要です。冷静になった状態で自分の気持ちと向きあうことで、今後どうしていくべきなのかを考えられるようになるでしょう。

■【ケース別】復縁するには冷却期間はどのくらい必要?

別れてから復縁するまで、一般的に2ケ月から3ケ月ほどの冷却期間が必要だと言われています。しかし、別れたケースによって必要な冷却期間が異なる場合もあるので、チェックしていきましょう。

・衝動的にケンカ別れした場合

出典:PIXTA

ケンカから勢いあまって別れ話になった場合は、突発的な感情によるものなので、長い冷却期間は置かなくてもいいでしょう。お互いが冷静になり謝罪をすれば、復縁することができるはずです。

・自然消滅した場合

自然消滅したということは、すでに相手の気持ちが離れているということ。冷却期間が長すぎると、完全に終わったと相手に思われてしまうこともあるでしょう。
自然消滅の場合は、1ケ月程度を目安に距離を置くことをおすすめします。

・自分から振った場合

出典:PIXTA

自分から降った場合は、相手がまだ自分のことが好きであれば、冷却期間を置かなくてもいいかもしれません。復縁のアプローチをしても相手のリアクションが良くないのであれば、2、3ケ月くらいの期間をあけてみましょう。

・相手に振られた場合

相手から振られた場合は、最低でも2、3ケ月は冷却期間が必要になるケースが多いでしょう。振った直後の相手は、「今はかかわりたくない」と思っている方も多いのでは。
冷却期間中は、どうして相手が別れを切り出してきたのかを考え、原因を把握しておけば、振られた側から復縁を成功させることができるでしょう。

SHAREFacebook
POST
LINELINE

Check it out!

  • 今日の星占い
  • 【篠田麻里子さんプロデュース!】ママもベビーも『yokayo』でもちもち美肌♡
  • 「コストコ」新商品と定番アイテムを人気YouTuberが紹介!【2024最新】
  • 毎日更新!脳トレクイズに挑戦しよう
  • 【MBTI】モテる女ランキング!人気なのは?相性のいい組み合わせも解説

Ranking
[ 人気記事 ]