FacebookInstagramYouTube
50代でやってはいけない髪型は?おばさんぽくないおすすめヘアスタイルも紹介

出典:PIXTA

Beauty

50代でやってはいけない髪型は?おばさんぽくないおすすめヘアスタイルも紹介

40代から50代にかけて髪質は変化し、髪の毛の扱いが難しく感じてしまいます。今回は、50代女性におすすめの髪型を髪の長さや顔型別に紹介します。おばさんぽくないヘアスタイルにするために気をつけたいポイントやヘアケア・スタイリング剤もピックアップしているので、いつまでも若々しく見られるための髪型の参考にしてみてください。

※ 本サイトはプロモーションが含まれています。

50代がやってはいけない髪型のポイントとは

50代になって、「これまでの髪型が似合わない」「今の髪型が老けて見えないか心配」という悩みを抱えている方もいるのでは?まず、50代がしてはいけない髪型のポイントを4つ紹介します。

<50代がやってはいけない髪型のポイント>

  • ・トップにボリュームがない
  • ・前髪が重すぎる、もしくは薄すぎる
  • ・明るすぎる、もしくは暗すぎるカラーリング
  • ・潤い不足のパサパサな髪の毛

では、詳しく解説していきましょう。

・トップにボリュームがない

出典:PIXTA

40代頃から髪質が変化し、髪の毛のハリやコシが減少してきます。そのため、髪の根元が立ち上がりにくくなるので、トップがペタッとなってしまうと老けて見えることも。リアルな年齢よりも若々しいヘアスタイルにするために、トップにはくっきりした分け目をつけず、ふんわりと立ち上がりのあるボリュームを作るようにしましょう。

前髪が重すぎる、もしくは薄すぎる

重みのあるぱっつん前髪や流行りのシースルーバングは、若者に人気のある前髪ですが、50代の髪型に取り入れてしまうと若作りをしている痛い髪型に見えてしまうこともあります。
また、シースルーバングのように薄すぎる前髪はパサつきやすいので、きちんとケアをしないと疲れて見られる可能性も。前髪は髪型の中でも印象を変える大事なパーツなので、毛量調節を大切にして適度なバランスを保つようにしましょう。

・明るすぎる、もしくは暗すぎるカラーリング

出典:PIXTA

ブリーチのように明るすぎる髪色は、色落ちしやすく脱色の過程によっては白髪のように見えることもあります。しかし、暗すぎるカラーリングにすると白髪が目立ちやすくなるのでこちらも注意が必要です。少し暗めな色味のおしゃれなアッシュカラーやグレー系のカラーにすると、白髪も馴染みやすく透明感のあるツヤも演出できます。

・潤い不足のパサパサな髪の毛

年齢を重ねてくると髪の毛の水分が減少してきます。そのため、髪の表面や毛先がパサつきやすく、お手入れ不足のような印象になることも。シャンプー後のトリートメントやドライヤーをかける前後のヘアケアをきちんと行い、スタイリング剤も潤いを与えてくれるようなアイテムを意識して使用するようにしましょう。

これは避けたい!50代がやってはいけない髪型3つ

次に、50代がやってはいけない髪型の特徴を3つ紹介します。どれも魅力的な髪型ですが、年齢によっては老け見えの原因になることもあるので要注意です。

<50代がやってはいけない髪型>

  • ・センター分けストレート
  • ・ハイレイヤー
  • ・ワンレンボブ

では、ひとつずつ見ていきましょう。

・センター分けストレート

サラサラでツヤのある女性らしい髪型のひとつであるストレートヘアですが、センター分けとストレートの組み合わせは、髪の毛のボリュームが出しにくいです。そのため、トップにボリュームを持たせたい50代では避けたいヘアスタイル。分け目を真ん中で分けず、毛先にワンカールでも動きをつけてあげるとふんわり感を演出しやすくなります。

・ハイレイヤー

ハイレイヤーで毛先に動のあるかっこいい大人のショートヘアは、若々しく表情も明るく見える魅力的な髪型です。しかし、毛先がパサつきやすい50代では扱いにくかったり、おばさんっぽく見えたりしまうケースもあります。
ハイレイヤーはできるだけ避け、毛先にはウェット感のあるスタイリング剤を使用してパサつきをカバーするようにしましょう。

・ワンレンボブ

まとまりが良く若く見える髪型のワンレンボブですが、髪の毛の重みでトップがペタッとなりやすくなります。そのため、50代のボブではレイヤーを入れて毛先に動きをつけたり、パーマを取り入れてボリュームを出したりするのがおすすめです。

50代におすすめの髪型、意識したいポイントは?

おばさんぽくない髪型にするために50代が意識したいポイントを紹介します。

<50代が意識したい髪型のポイント>

  • ・トップのボリュームはマスト!
  • ・ひし形のシルエットを目指す
  • ・髪色は黒すぎないダークカラー
  • ・髪の毛はツヤ感を重視

では、それぞれ確認していきましょう。

トップのボリュームはマスト!

40代から50代にかけて徐々にトップのボリュームが減少してきます。そのため50歳でも若く見える条件でトップのボリュームはマスト。特にセミロングからは髪の毛自体の重みも増すので、トップがペタッとなりやすく、パーマや毛量調節などでトップにふんわり感を出すような工夫が必要になります。

・ひし形のシルエットを目指す

トップにボリュームがあり、首元にかけてキュッと引き締まったひし形シルエットの髪型は、メリハリがあり頭の形がきれいに見えます。年齢を重ねると毛量が減少し、ボリュームが出てほしいトップや後頭部がペタッとなりやすいので、レイヤーやパーマなどを取り入れてひし形のシルエットを意識するといいでしょう。

・髪色は黒すぎないダークカラー

年齢を重ねていくと髪の毛の水分が減少し、髪のツヤが出にくく乾燥して広がりやすくなります。きれいなツヤ髪を演出しやすい髪色として、明るいカラーリングより暗めの色味のほうが好ましいでしょう。アッシュ系やグレー系のカラーにすると、気になる白髪もカバーできるのでおすすめです。

・髪の毛はツヤ感を重視

子どもの髪の毛を見て、ツヤのあるきれいな髪だと羨んだ経験はありませんか?年齢とともに髪の毛の水分は減少し、ダメージもプラスされてツヤが出しにくくなります。そのため、シャンプー後のトリートメントやドライヤー前後のヘアケアなどの日頃のケアも大事です。
朝のヘアセットをする際のスタイリング剤でも、ツヤやウェット感を演出しやすいヘアオイルやスタイリングバームなどを使用するといいでしょう。

SHAREFacebook
POST
LINELINE

Check it out!

  • 今日の星占い
  • 「これかけちゃったらハマるよ!」【成城石井】万能すぎる胡麻だれが話題に!
  • 【焼肉の献立レシピ】合うおかずやサイドメニューは?主食・副菜・スープまで
  • 毎日更新!脳トレクイズに挑戦しよう
  • 【背筋の鍛え方】女性でも簡単!おすすめの背中の筋トレ方法を紹介!

Ranking
[ 人気記事 ]