子どもは感情的に怒ると傷つき反抗し、正しく叱ればたくましく素直になる

Baby&Kids

子どもは感情的に怒ると傷つき反抗し、正しく叱ればたくましく素直になる

「ダメ!」といわれると反抗したくなるのは、人間に備わっている本能だから



子どもがなかなか言うことを聞いてくれないとき、いたずら、危ないことをしたときに思わず口から出るのが「ダメ!」「やめなさい!」。子どもが予想外の行動に出たときにもつい感情的に口から飛び出してしまうママも多いことでしょう。子どもを叱るとき否定語が多いと子どもの心には反抗心が芽生えるのです。これを心理的リアクタンスといいます。反抗心って人間に備わっている本能なのです。



 

子ども想いのお母さんだからこそしつけにも一生懸命になるのです



子どもにどんな成長をしてほしいと考えますか? 優しい子に育ってほしい。挨拶のできる子になってほしい。勉強も運動もできる子にしたい。あげればきりがないですよね。子育てに理想を強く持ちすぎると、そこからそれることを注意する声かけが増えていきます。子どもの性格形成はお母さんの声かけが影響するとも言われているのです。肩の力を抜いて子どもと楽しむことから始めましょう。



 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]