叱るときは同じ言葉を3回、3段階に声を繰り返して、やっと子どもの心に届くもの

Baby&Kids

叱るときは同じ言葉を3回、3段階に声を繰り返して、やっと子どもの心に届くもの

3回叱ると子どもの行動が改善する確率は50%、4回叱っても50%



しつけを行う際のポイントは、1つの事象について「3回」まで。その理由は、3回以上注意しても、効果がないからです。例えば、「座って食べなさい」ということを3回言えば、立って食べる割合は50%くらいに減るでしょう。ですが、完全に座って食べられるようにはなりません。では、4回以上叱った場合はどうかというと、実は3回のときと同程度にしか改善されないのです。つまり、どれほど口を酸っぱくして注意しても、子どもの行動が変わる確率は50%以上にはならないということです。



 

1言目は正しいしつけ。2言目は全面否定。3言目は人格否定



叱るときは同じ言葉を3回繰り返します。決して言葉を変えないでください。お母さんもつい感情的になり、「座りなさい」「いつもそうなんだから」「悪い子ね!」などと怒鳴ってしまうものです。必要なのは、「座って食べる」ということなのに、いつの間にか「いつもそう」と現在のでき事が全面否定に変わり、「悪い子ね」という人格を否定するような言葉までくっついてしまいます。すると、子どもは座って食べることを学ぶどころか、お母さんの言葉によって、自己肯定感を傷つけられてしまうのです。



 

声の大きさを3段階に調節すると、3回目でやっと子どもの心に届くのです



このようなリスクを避けるためにも、お母さんと子どもの双方にとってベストなのが、「注意は3回まで」なのです。3回注意したら、あとは「いつかきっとわかるはず」と思って、それ以上は叱らないでください。ただし、注意を行う際には、お母さんの声をしっかりと子どもの耳に届ける必要があります。それには、少し強めの語調で、子どもの目を見ながら言葉をかけてください。1回目では「何か声がするな」という程度にしか伝わりませんが、2回目には「あれ、何だろう?」と聞く耳を持つようになり、3回目になると、「お母さんが“座って食べなさい”と言ってる」と認識できるのです。



 

すぐ効果のあるものはすぐに忘れる。本当のしつけは時間差で理解する



3回しか注意しないのは、子どもを放任することとは違います。お母さんの注意は、子どもの頭にインプットされ、2年後くらいでしょうか。忘れたころに理解の形となって変化をもたらすのです。実際に、4歳くらいから急に「ご飯は座って食べるんだよ」と言ったりして、自分からちゃんと座れるようになりますから、ゆっくり子どもの成長を待ってあげてください。



 

今日の1日1成長



叱るときは同じ言葉を3回、3段階で言ってみよう



ママのしつけ力も1成長、子どもの理解も1成長。



竹内エリカ(文)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/



※子どもへの言葉がけについて詳しく知りたい方はこちら。http://goo.gl/uhqEaQ

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]

SPECIAL!