叱るときは同じ言葉を3回、3段階に声を繰り返して、やっと子どもの心に届くもの

Baby&Kids

叱るときは同じ言葉を3回、3段階に声を繰り返して、やっと子どもの心に届くもの

3回叱ると子どもの行動が改善する確率は50%、4回叱っても50%



しつけを行う際のポイントは、1つの事象について「3回」まで。その理由は、3回以上注意しても、効果がないからです。例えば、「座って食べなさい」ということを3回言えば、立って食べる割合は50%くらいに減るでしょう。ですが、完全に座って食べられるようにはなりません。では、4回以上叱った場合はどうかというと、実は3回のときと同程度にしか改善されないのです。つまり、どれほど口を酸っぱくして注意しても、子どもの行動が変わる確率は50%以上にはならないということです。



 

1言目は正しいしつけ。2言目は全面否定。3言目は人格否定



叱るときは同じ言葉を3回繰り返します。決して言葉を変えないでください。お母さんもつい感情的になり、「座りなさい」「いつもそうなんだから」「悪い子ね!」などと怒鳴ってしまうものです。必要なのは、「座って食べる」ということなのに、いつの間にか「いつもそう」と現在のでき事が全面否定に変わり、「悪い子ね」という人格を否定するような言葉までくっついてしまいます。すると、子どもは座って食べることを学ぶどころか、お母さんの言葉によって、自己肯定感を傷つけられてしまうのです。



 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]