控えめな子どもにはどう接したらいい?優しい笑顔でささやくように話しかけよう!

Baby&Kids

控えめな子どもにはどう接したらいい?優しい笑顔でささやくように話しかけよう!

人見知りの強い子は慣れるのに時間がかかるだけ。観察する時間が必要です


お友だちと遊んでいるところから、少し離れた場所で、ずっと見ている子どもっていますよね。不安そうにお母さんの後ろに隠れて様子を伺っている子ども。そういう子どもを見るとママは必要以上に心配をしてしまうものです。そんな時元気よく満面の笑みを作って誘った経験はありませんか?「○○ちゃんもみんなと一緒に遊ぼうよ!」という感じです。ところがその子は一歩下がって隠れたり、余計にうつむいてしまったり。実はこの対応、このタイプには逆効果だったのです。

 

その子にとっては観察の時間。仲間に入るタイミングを見ています


いつまでたっても人見知りが直らない、お母さんの後ろに隠れてお友だちが遊んでいるのをしばらく見ているだけ。そんなタイプの子どもは、とにかく観察の時間が大切なのです。みんなと遊ぶより、本人にとっては観察し、安心するための時間が必要なのです。お友だち同士が遊んでいる様子を見ているうちに、その場所にも慣れてきて、ようやく安心感が生まれるのです。すると自然と遊べるようになってくるでしょう。無理に背中を押さないことが大切です。

 

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]