投稿写真「娘の暖奈6カ月です」(亮子・30歳)

Baby&Kids

「すごいね!」「えらいね!」こんなに褒めても大丈夫?正しい褒め方とは?

vol.318【1日1成長お母さん】褒め方を間違えると評価を気にする子になる。気持ちを伝えてほめよう

子どもが機嫌を損ねないように、ここぞとばかりに褒めまくっていませんか?

片付けができたら「えらいわね!」お洋服をたたんだら「すごいわね!」「すごいね!えらいね!」のオンパレードになっていませんか?子どもができることが増えると、ついうれしくなりこのように褒めてしまうのは、もちろん悪いことではありません。ママが驚くようなすごいことをやってのけた時には、きっとほめようと思わなくても「すごい!!!」思わず口から出てしまうでしょう。ただ子どもの機嫌を損ねないように連呼する「すごいね!えらいね!」の褒め言葉には注意しましょう。

褒めて育てよう!褒める子育てにも落とし穴があるのをご存知ですか?

褒めてもらわないと行動しない、褒めてもらうために行動したりと、実は褒め方を間違えてしまうとママや周りの大人からの評価を気にするようになってしまうのです。子育て本などで目にする言葉「褒めて育てよう!」この言葉は正しく褒めることができれば効果的ですが、褒められることが目的になってしまうと逆効果となってしまうのです。

子どもの意欲を引き出す褒め方で自己肯定感を高めよう!

できた結果や子どもの行動を褒めると、子どもによっては周りからの評価を気にするようになります。「お片付けができてえらいね!」「100点取れてすごいね!」これでは、できた結果だけを褒められることに繋がってしまいます。子どもの意欲と自己肯定感を高める褒め方とは、行動や出来事、頑張った結果を褒めるのではなく、それまでの過程や気持ちを褒めてあげることなのです。

自分に価値を見出せる子どもはIメッセージで育ちます

「Kちゃんがお片付けしてくれてとってもきれいになったからママ気持ちがいいわ!ありがとう!」「100点取ったのね、頑張ってるのね。ママも嬉しいわ!」子どもの気持ちを大切にするのはもちろんですが、実はママの嬉しい気持ちを子どもに伝えることは子どもにとって最高の褒め言葉なのです。これをIメッセージといいます。Iメッセージでママの嬉しい気持ちを伝えることで自分の存在がママにとって大切な存在なんだと理解できるようになり自己肯定感がグッと上がっていくのです。

今日の1日1成長 

Iメッセージでママの気持ちを伝えることで自己肯定感を高めよう
子どもの意欲と自己肯定感も1成長、ママの意欲を引き出す褒め力も1成長。
うえだ きょうこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!