投稿写真:「娘の未来6カ月です」(真季・30歳)

Baby&Kids

「自信を持ちなさい」って言わないで!自信が育つスモールステップ法

vol.336【1日1成長お母さん】小さな「できた」の積み重ねで子どもの自信は大きく変わります

できないことを避けてしまうのは自信がないからなのでしょうか?

自信のある子どもに成長してほしい。親ならば誰もが願うことですよね。1年生のS君は新しいことにチャレンジすることが苦手な子どもでした。「失敗したらどうしよう」「出来なかったら恥ずかしい」そんな思いから初めてのことに自信をもって挑戦することができずにいました。お母さんはそんなS君の性格を心配し何とか「自分は出来る!」と自信をもってチャレンジできる子どもへと成長することを願っていました。

失敗の経験が続けば、子どものやる気はどんどん失われていきます

大人である私たちは物事に挑戦をしたとき、もしも失敗してもそこから自ら学び、次へのステップとして成長をしていくことができるでしょう。しかし子どもは、初めからそうはいきません。失敗の経験が続いてしまえば当然できないことに苛立ちを覚え、チャレンジすることを避けるようになってしまうのです。チャレンジのために必要なこと、それは「できた!」という喜びの体験なのです。

子どもの行動が自信へと繋がるスモールステップ法の効果とは?

子どもは「できない」と感じると「楽しくない」に繋がります。そのために「できた!」と思えるような簡単なステップに分け、それを組み合わせることで、達成感とやる気を引き出すよう導きます。これをキッズコーチングではスモールステップ法と言います。日常で一般的に行われる行動は、実はいくつものステップが重なりできています。その行動を細分化し小さなステップを一つずつクリアしていくことで「できた!」の経験が増え自信に繋がるのです。

「お手伝い」からたくさんの「できた!」を経験し、自信を育もう

お母さんはS君にたくさんの「できた!」を体験してもらうため、お料理のお手伝いをしてもらうことにしました。「カレーを作ってね」「ニンジン準備してね」いきなりこれでは何をすればいいのかわかりません。そんな時はスモールステップで出来そうなことから一つずつクリアしていきます。「まずはニンジンをきれいに洗ってくれるかな?」「切ったニンジンをお鍋に入れてくれるかしら?」S君に出来そうなことを一つずつクリアさせることで、S君は「できた!」の経験が増えお手伝いが楽しくなっていくことでしょう。

今日の1日1成長

子どもの自信には「スモールステップ法」で「できた!」の体験を!
子どもの自信ある挑戦も1成長、ママの導く力も1成長。
うえだ きょうこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!