投稿写真「息子の碧太6カ月です」(千絵・27歳)

Baby&Kids

情報処理能力が高い子ほど、気が散りやすい

vol.371【1日1成長お母さん】なんでもやりたがるのは情報処理能力が高いから

落ち着きがない暴れん坊は実験が大好きな発明家気質

手が届くものにはなんでもさわり、高いところがあれば必ず登ってしまう。落ち着きがない暴れん坊。こんなタイプの子どもは、とかく「ダメ!」と注意をされがち。でも、大人にはイタズラにしか見えない行動も、「手ざわりはどんな感じなんだろう」「こうしたらどうなるんだろう?」という興味と好奇心の表れから。いわば「実験」している段階です。気が散りやすいタイプ程、たくさんの情報を吸収する能力を持っているのです。

「楽しい」「できた」「わかった」が学びの基本

頭のいい子やスポーツのできる子に共通する学びのパターンがあります。それが「楽しい」「できた」「わかった」のサイクル。「楽しい」とは興味を示し楽しむこと。わくわくする気持ち。「できた」とはとにかくやってみるといった行動力。そして「わかった」とは、経験を知識として身につけ、検証する思考力です。好奇心旺盛な子はこの基本の3つが備わっているのです。

「こうしたら壊れる」「元に戻らない」も子どもには大切な学びの過程

「さわってほしくないもの」はよくよく考えてみると大人の都合だったりしないでしょうか。それを子どもが興味を持つたびに「ダメ!」「さわらないで!」と止めていると、子どもは四六時中注意ばかりされ、わくわくした気持ちを失うことになってしまうかかもしれません。本当に子どもにとって命の危険があるものは子どもの手の届かないところに置くなど予防策は必要です。でもそれ以外のものはできるだけ子どもが興味を持つままに見守ってみましょう。こうしたら壊れてしまう、もう元に戻らない、などを経験することも子どもには大事な学びの過程なのです。

本当に危険なことをしているときは目を見て強く言い聞かせる

本当に危険なことをしているときは「痛いよ」「危ないよ」と子どもと目を合わせて伝えてあげましょう。「ダメ!」と抽象的な言葉で叱っても子どもの耳には届きませんが、「痛い」「危ない」などの言葉は本能的な危険察知能力に響きやすく届きやすいのです。また、押さえつけたりするだけではより執着したり泣き叫んだりしがちですが、好奇心旺盛なタイプは良くも悪くも興味がうつろいやすいので他のことで興味を引いてあげるとすんなり対象から離れることができます。

今日の1日1成長

実験好きな子は小さな発明家。才能を摘み取らないで!
子どもの好奇心も1成長、ママの見守る力も1成長。
玉井ユカコ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!