投稿写真「娘の心遥2歳です」(藍子・27歳)

Baby&Kids

ウソをつく子は賢い子。あなたの子どもはどんなウソつき?

vol.382【1日1成長お母さん】当たり前のようにウソをつく子は、実はとっても真面目です

ウソをつくなと教えるより、なぜウソをついたのか観察してみよう

子育てで悩むことのひとつが子どものウソですね。指摘するとどんどん新しいウソを重ねたり「本当だもん!」と言い張って泣き出したり。お母さんはウソを暴こうと必死になってしまったり。でも子どものウソは、大人のウソとはちょっと事情が違います。言葉を知らず上手に言えなくて出るウソや、3歳頃なら空想と現実の区別が曖昧なために出るウソも。その中で気にかけたいのが優等生タイプの子に多い、自己防衛のウソです。

ウソをつく子は真面目で賢い!自己防衛のウソがあることを知っておこう

ウソをつくのは、実はとても高度な技術です。いろんな状況を考えて、その場にふさわしい言葉を選ばないといけません。だからスラスラとウソがつける子は実はとっても賢い子。小さい時からなんでもでき「すごいのね」「賢いね」などとほめられることが多かったことでしょう。そんな子は周りの期待にこたえようと頑張るあまり“できない”ことを極端に嫌がります。自分の失敗を隠そうとしてウソを付き、暴かれまいとするのです。

「失敗してもいい」と学ぶと、驚くほどウソが減ってくる

そんな子どもに必要なのはウソをつくなという正論ではなく、失敗しても大丈夫という安心感です。お友達にいじわるしたならゴメンなさいと言って仲直りする、うがいを忘れたのなら今からするなど、失敗を取り返す方法を伝えてやらせてみます。その時にお母さんが「できたね」と認めることで、失敗したらやり直せばいいと理解します。それを繰り返すことが失敗しても大丈夫という安心感を生み、ウソをつく必要はないと学ぶのです。

大人だって間違える!失敗して対処する方法を見せてあげよう

もうひとつ大切なことは、お母さんの失敗もどんどん子どもに見せること。失敗は誰にだってあります。大人でも間違えることはあるのです。その時に「ゴメンね」と言える両親をみていれば、子どもも失敗や間違いをおかした時に素直に謝れるようになります。ウソをついた!と叱るのではなく、ウソをつく必要がないこと、失敗や間違いがあってもその子の価値は変わらないことを時間をかけて示していきましょう。

今日の1日1成長

失敗しても大丈夫という安心感が、ウソのない素直な心を育てます
子どもの安心も1成長、ママの共感も1成長。
むらたますみ(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!