Baby&Kids

お喋り下手でも大丈夫!自由な表現活動が心を安定させます

vol.412【1日1成長お母さん】表現活動は心を安定させるため。技術の向上は求めなくていい

お喋りで人とコミュニケーションをとると心が安定していきます

お友だちとのお喋りが何より一番のストレス解消!というお母さんいますよね。多くの女性はお喋りが大好き。それは子どもであっても同じです。女の子はお喋りが大好き。お喋りによって自分の気持ちを相手に伝えたり、コミュニケーションをとることで心が安定していく効果があるのです。小さな頃からたくさんお喋りを楽しんで、心の安定した子どもになってほしいですね。

お喋りが苦手な子は、好きな活動で自己表現をし、感情を発散させよう

しかし、女の子でも自分の気持ちを人に伝えるのが苦手な子もいます。そんな子はイライラしたり、癇癪を起こしやすかったりします。そのような場合は、他のことで自己表現をすると、お喋りと同じように心を安定させる効果があります。その方法は何でも構いません。歌やお絵かき、ダンスや運動など子どもの好きなことを充分にやらせてあげましょう。このような活動で自分の心を外に出すことにより、お喋りと同じように、内に秘めた感情を発散できるのです。

意味がなさそうな活動でも、子どもが打ち込むことを充分にさせてあげて

その場合に注意したいことが二つあります。それは人と比べないこと、そして評価をしないこと。記録を競うスポーツや、順位がつくようなものは、心の表現や感情を発散するという目的においては不向きです。子どもの夢中になるものが時には無意味に思えることもあります。折り紙で輪っかを作り続ける、砂場で穴を掘るなどなど…。でもどんな行為でも子どもが自ら行う表現活動を思いっきりやらせてあげてくださいね。

必要なのは技術の向上ではありません。口出しせずに見守ってあげましょう

子どもの行う活動に対して、アドバイスは一切必要ありません。キリンより大きい人を描いていても、その人がピンク色に塗られていても「大きさが変だよ」だとか、「人はピンク色じゃないでしょ」などと教えてあげなくて大丈夫。常識的なことや技術の向上を求めるのではなく、手出し、口出しせずに完全に自由な表現をさせてあげることが、子どもの心を安定へと導きます。

今日の1日1成長

お喋りが苦手な子には、自由な表現活動をさせてみよう
子どもの自由な表現活動も1成長、お母さんの見守りも1成長。
田中京子(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!