Baby&Kids

「寝ない」「大泣き」は、「お母さん一緒にいて!」というメッセージ

vol.419【1日1成長お母さん】泣くことはいい運動です。泣いてエネルギーを発散させています

育児書はあくまでも目安。泣き声に慌てるお母さんは一生懸命な証

待望の赤ちゃんが生まれて、第一子ならば初めての子育てがスタートします。育児書には「オムツを替えて欲しい時やお腹が空いた時に泣いて教えてくれます」などと書かれています。頭ではこの泣き声のことね、なんて冷静に思えますが、実際に割れんばかりの大きな声で長時間泣かれるとお母さんも冷静ではいられなくなってしまいます。赤ちゃんは泣くことが仕事と昔から言いますが、目の当たりに一日何度も繰り返されるとお母さんが異常に敏感になってしまうのもわかります。

歩行をしない時期の運動は「泣くこと」でエネルギーを発散させているのです

赤ちゃんが泣いている時、周りに危険なものがないかを確認し、特別変わった状況でなければ焦らなくても大丈夫です。赤ちゃんを泣き止ませようとお母さんが焦ると、その気持ちは伝わります。ゆったりと構えて、自分で泣き止むのを待つのも必要です。「眠いのね」「お話してほしかったのかしら?」なんて話しかけながら見守ってみましょう。お母さんには長く感じる時間ですが「今は体力を使っている時間なのね」と受け止め、ようやくの頃に抱き上げるとすぐに泣き止むこともあります。

よく泣く赤ちゃんは育て方に左右されたのではなく、生まれもった気質です

生まれつきよく泣く子、癇癪もちの子はいます。10人にひとりくらいの割り合いともいわれます。昔から「癇の虫の強い子」ともいいます。そういう子のお母さんは大変です。子どもの、原因の分からない泣きと根比べをしなくてはなりません。でもこのような気質をもった子は乳児期を過ぎ、幼児期に入るとエネルギッシュで活発だったり、感受性が強く繊細な表現をしたりするようになります。今は大変かもしれませんが数年後の変化に期待しましょう。

子どもに振り回されていると感じるなら、お母さん優位の対応をしてもいい

「ミルクが足りないんじゃない?」「遊んでほしいのよ」なんてアドバイスもらうことも多いもの。でも「そんなことはとっくにやっているわ!」「それでも何も変わらないから辛いのよ!」と叫びたくなるのが本音です。フランスでは産後のお母さんが食事の時に赤ちゃんが泣くと看護師さんは「ママはね今食事中なのよ~。少し待ってね」と声をかけるそうです。赤ちゃんだから理解できないと決めつけず、お母さんのひと時を優先することも大切です。

今日の1日1成長

大泣きの子を悲観的に受け止めず、成長と共に変化するタイプだと理解しよう
子どもの待つ時間も1成長、お母さんの理解も1成長。
森みきこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!