Baby&Kids

伸び代たっぷり!3歳で自立を育てる“いいよ話法”は即効性抜群

vol.430【1日1成長お母さん】最初に芽生えた自立心を、大切に育てると達成力が上がります

自分から「やりたい!」と言い出したら自立心が芽生えた瞬間です

「ママ、これやる!」と言った時「うん、いいよ」ってすんなり言ってあげられたらなとわかってはいるけど、手が離せない時に限ってそう言うものです。子どものやる気って途中で飽きるし、失敗してお母さんが後始末するとなると、つい「いいよ、ママやるから」なんて止めさせようとしてしまいがち。できるだけ3歳では“いいよ”と潔く受け入れることでやる気の芽を育ててあげましょう。

やる気を出した瞬間の「いいよ!」は子どもが急成長できるエッセンス

子どもが「自分でやる!」と意欲的にやる気を出すのは3歳頃です。身体面ではまだまだ発達途中のため、うまく出来ないことは予測がつきます。忙しい時に限って“また、やらかした”なんてことも。体の成長は目に見えやすく知能や心の成長は見えにくいもの。子どもがやる気の意思を見せた時が、自立心の芽生えが見えた瞬間です。「いいよ」と受け入れやらせてあげることは知能を伸ばすチャンスです。手間はかかるけど目をつぶって優先してあげましょう。

成長を助けるために、具体的なアドバイスはわかりやすく伝えよう

「いいよ」と言ったけれど手を出してみたり、口出ししてみたり。子どもはお母さんの予想通りにやらかしてしまうことも。でもここは思い切って好きにやらせましょう。自分で「やりたい」と言い出した時は考える力が育つ時。手は出さず見守り“気をつけること”を具体的に伝えます。「おさえてね」「ここを見てね」気をつけることも学びです。

やりたい!意欲は一連をやり遂げるエネルギーがあります。責任まで教えよう

達成しやすい目標に向かって「できた!」を経験することは成功体験となります。「やりたい!」を実行できた。時にうまくいかない場合もあります。その時は「どうしてほしい?」「ママお手伝いしようか?」と質問と提案が効果的。かんしゃくやぐずりとなる感情表現を“伝える”という方法でコミュニケーションを学びます。うまくいかなかった時は対処の仕方を教えましょう。責任を学びます。“やりたい”意欲は責任を教えるチャンスです。

今日の1日1成長

まとめ「やりたい!」と言い出したなら最後まで。自立と責任はセットで育てよう
子どもの自立心も1成長、お母さんの受容力も1成長。
國枝 愛実(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!