Baby&Kids

問題を解決することではなく、問題を解決するよう導くのが親の役目

vol.436【1日1成長お母さん】ケンカ、友達同士のトラブルから子どもは人間関係を学びます

どうしてそんなに弱々しいの?もっと強く育ってほしい

生まれた頃は、女の子も男の子も性別の差をさほど感じずに、お母さんの感じる育児への悩みといえば、寝ないことや、ぐずり、おっぱいを飲まないことや、体重が増えすぎ?体の発育に関してや生活リズムに関することが多いもの。しかし成長と共に心、感情の発達も伴い、お友だちとの関係や子どもの性格に関しての悩みもプラスされるものですね。

5歳は自己主張する力が育つ時。トラブルから学びを得ているのです

男の子と比べると女の子の方が優しい子どもが多いもの。しかし自分の気持ちを言わずに相手に合わせることは優しさとは違います。真の優しさとは相手の意見を尊重しつつ、自分の意見も言えること。自分の意見を主張するなかで、お友だちとのトラブルもあるかもしれませんが、自分を大切にできるからこそ、他人も大切にできるのです。

問題を解決することではなく、問題を解決するよう導くのが親の役目

子どもがお友だちとけんかなどしたら、お母さんはきっと何とか解決できるようにあれこれ子どもに対しアドバイスをしたくなることでしょう。しかしトラブルを解決しようと頑張るのではなく、子どもが自分で解決できるようサポートしてあげるのが親の役目です。

女の子はおしゃべり、男の子はスキンシップでコミュニケーションをはかる

人との関係を円滑にするために子どものコミュニケーション能力を高める方法としておしゃべりと、スキンシップがあげられます。女の子は自分の気持ちを言葉で表現することでコミュニケーションをはかり、ストレスを発散する傾向があります。学校から帰ったらおしゃべりが止まらないことなどありますね。男の子は体にふれてスキンシップをとることで安心感を得られる傾向があります。男の子のケンカは取っ組み合いになるのもわかりますよね。

今日の1日1成長

親がトラブルを解決するのではなく、子どもが自分で解決できるよう導こう
子どものコミュニケーション能力も1成長、お母さんのサポート力も1成長。
うえだ きょうこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!