Baby&Kids

子育てに責任をもつために、「アイメッセージ」で信念を貫こう

vol.487【1日1成長お母さん】祖父母の存在を通して世の中には様々な考えや方法があることを学ぼう

子どもは多くの人との関わりで成長します。身近であるがゆえに歯がゆさも

祖父母は子ども(孫)にとって強い味方になってくれる存在です。でもこれから子育てをしようとしている母親にとっては、愛情たっぷりのはずの祖父母の存在は嬉しくてありがたい反面、時にうっとうしいものになることもあります。そんな祖父母と子どもとの三角関係を良好にするにはどうしたらいいか悩むところですね。

子どもは「いいよ!」と言ってくれる人と、叱ってくれる人を認識しています

「おばあちゃんはいつも優しいから一番好き」「おじいちゃんは何でも買ってくれるから好き」などと子どもから言われると、少し悲しい気持ちになることでしょう。物を大切にする子になってほしいから過度に与えないようにしていたり、間違っていることは正そうと注意をしているのに、あっさりと覆されるような対応を目の当たりにすると、お母さん自身の一貫した子育てができない心配を抱えるでしょう。

アイメッセージを活用しお母さんの想いは常にしっかり伝えましょう

人との関わりの中で相手を変えようとすることはできません。そんな時「私は○○だと思う」という自分の気持ちを言葉にすることをお勧めします。その上で相手がどう対応するかはまた別の問題として切り離しましょう。そうすることでお母さんの想いも伝わります。また子どもはそんなやり取りを見ながら成長し「人は様々な考えの人がいる」ことを学びます。

子育てに正解はありません。信念は曲げず少しだけ耳を傾けてみよう

お母さんは自分が守りたい信念や方法を大切にしていいのです。家族との関わりの中でそれを妥協してしてしまっては、問題が起こった時に誰かのせいにしてしまいがちです。祖父母がお母さんと反対の対応をして子どもを迷わせ、甘やかし、良い子育てではなくなるかもしれないと悲観せず、こんな意見もあるんだ、こんな考え方もあるんだと側面を変えて冷静に物事を捉えるいい機会になると考えましょう。その上でご自身の信念は誰に左右されるものでもなく、お母さん自身が良いと思う道を歩んでいってください。

今日の1日1成長

お母さんが貫きたい信念の子育て法は、将来必ず子どもに伝わっています
子どもの判断力も1成長、お母さんの表現力も1成長。
森みきこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!