Baby&Kids

0歳から3歳まで重要!子どもは遊びながら体幹を鍛えよう♪

vol.505【1日1成長お母さん】習い事の前の習い事。子どものからだと心にまず土台を作ろう

姿勢が悪い、同じ姿勢が保てない。集中力の無さは姿勢からきているのかも?

今の時代、テレビやDVD、ゲーム、携帯など子どもの遊び方も昔とは変化しています。ゲームや携帯などが決して悪いわけではありません。問題となるのは使用する時間と使用しているときの姿勢ではないでしょうか。長時間、同じ姿勢で使うことにより、からだの使い方が偏り姿勢が崩れてしまいます。姿勢を保つためには体幹といわれる部分、いわゆるコアトレーニングが有効なのです。

子どもにもトレーニングは必要?子どもは遊びがトレーニングになります

姿勢改善やいい姿勢を維持するために、大人には体幹トレーニングが効果的。そんな話をよく耳にします。体幹とは字を見てわかるように体の幹です。軸、土台ともいえる部分なのです。建物や大きな樹木も土台部分である基礎や根っこがしっかりしていなくては倒れてしまいますよね。それと同じ、体も小さなころからの土台作りで、ぶれないしっかりした体に成長していくことができるのです。

年齢に応じた遊び方で、体の土台だけでなく心にも土台を作りましょう

年齢によりできること、そして心の感じ方を知ることでより効果的な成長へ導くことができます。0~1歳児は、体を支える、まっすぐに立つなどの身体バランスを整える遊びで「楽しい!」と感じます。1~2歳児は、歩く、走る、転がるなど粗大運動を取り入れ遊ぶことで「できた!」と感じる気持ちが生まれます。そして2~3歳児は、ジャンプやケンケンなどからだを自由に動かす遊びで「わかった!」という理解する気持ちへと成長していきます。

「好奇心」「自立」「我慢」遊びは心も大きく成長させてくれる

子育ての最終目標は自立。自立は人生を楽しく充実したものにしてくれます。子どもを自立させるためには何からしたらいいと思いますか?実は自立のためには「やってみたい」という興味、好奇心が必要なのです。そして好奇心は「楽しい」と感じる気持ちを抱かせる効果があり、我慢には「がんばろう!」という気持ちを抱かせる効果があります。遊びを通して心とからだの土台を作り、自立した子どもへと導いていきましょう。

今日の1日1成長

子どもは遊びがトレーニング!心と体の土台を作り姿勢のいい子に育てよう
子どもの遊ぶ力も1成長、お母さんの土台をつくる力も1成長。
うえだ きょうこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!