Baby&Kids

「正しいお母さん」ではなく「見守れるお母さん」を目指そう!

vol.521【1日1成長お母さん】見守られている安心感があれば、善悪の基準は育ちます

生きる上で大切な善悪の判断。押し付けると親子で疲れてしまいます

子どもに善悪の基準を教えるのはとても大切なことです。人として、してはいけないことは必ずあって、それを子どもに伝えるのは大切な親の役目のひとつですね。でも中には子どもを大切に思うばかり、善悪だけを基準にして子どもと接してしまうお母さんがいます。「これは正しい」「あなたは間違っている」「これはいい、あれはダメ」そんな評価ばかりしていては、お母さんも疲れるだけではなく、子どもも苦しくなってしまいます。

良かれと思ったのに逆効果?しっかりママほど気をつけたい伝え方

子どもを善悪で評価しがちなお母さんはとても責任感が強く、しっかりと子育てしなければという意識が強いです。親として正しくいたいと思っているからこそ、いいこと、悪いことをはっきりさせたくなります。しかし子どもにはそれがうまく伝わりません。正しいことだけに価値を置くと「間違えることがある自分は悪い人間」という誤った思い込みを子どもに与えてしまうのです。親の思いと全く違う結果になるのは避けたいですね。

大切なのは愛されている安心感。日頃の見守りを大事にすると思いやりが育つ

子どもに善悪を教えるのに大切なのは「いい、悪い」と評価することではありません。大切なのは“愛されている”実感を持たせてあげることです。子どもが話しかけてきたら手を止めて聞く。子どもがしようとしていることをじっくりと見守る。失敗もあえてさせてみる。たったそれだけで、子どもはお母さんに愛されている、見守られている実感を持つことができます。自分が愛されていると知っている子は、善悪の判断がつくものです。

子どもと一緒に育つくらいがちょうどいい。見守れるお母さんを目指そう

間違っても失敗しても、最後はお母さんが見ていてくれると信じられる子は、チャレンジを恐れません。自分の失敗が許されるのを知っているので、人の失敗も許せます。愛されている幸せを分かっているので、人にも愛を与えられます。お母さんだって人間です。イライラすることもあるでしょう。そんな姿も見せながら、子どもと一緒に成長するくらいでちょうどよいのです。肩の力を抜いて、見守れるお母さんを目指しましょう。

今日の1日1成長

子どもの善悪の基準は愛された実感が作る!見守ることで愛を伝えて感性を育てよう
子どもの自己肯定力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
むらたますみ(文)うえだきょうこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!