Baby&Kids

お友だちとの関わりが苦手な我が子が、読み聞かせで優しくなった!?

vol.529【1日1成長お母さん】人との関わりを学ぶ時期です。絵本の読み聞かせを活用してみて!

3歳になって遊び方が変わってきた?社会性を学ぶチャンスです

生まれてからお母さんや家族との関わりが多かった子どもも3歳頃から活動の幅が広がっていきます。それまでは一人遊びで満足していたり、自分が欲しいものは独占したい傾向も強いです。これは子どもの成長においてごく自然なことです。3歳頃からは人との共有や関わりへと移行していきます。当然言葉も未熟ですし、感情コントロールもできないのでトラブルがあっても普通のことです。大丈夫ですよ。

同じ言葉を繰り返す。気持を受け止めてもらえると落ち着いて考えられます

お友だちの輪の中に入りたいがために、少々強引に入っていきお友だちを突き飛ばしちゃったの。そんな時は「お友だちが好きで一緒に遊びたいのよね」と気づいてあげましょう。決して「いけません!危ない!」を第一声にしないでくださいね。我が子の気持ちが分かるのは、子どもを観察できている証拠です。言葉が足らないなら教えてあげればいいのです。いきなり叱ったりしても残念ながら悲しい気持ちが生まれるだけです。

「どうするんだっけ?」その一言が、子どもに考えるチャンスをあたえる

感情はコントロールすることができます。その為には自分の感情に向き合う必要があります。また少し考えられるように、言葉と行動をセットで伝えてみてください。「お友だちと一緒に遊びたいときはどうするんだっけ?」と考えさせるために質問をしましょう。すぐに答えはなくとも「いれて~」っていってみたら?どうなるかな?というように強制しないで体験させてあげるように導いてみましょう。

絵本の読み聞かせをしよう。相手の気持ちを考えるのに効果的です

おもちゃや絵本などの他ツールでアプローチするのも効果的。遊んで知る
お母さんがもがくようにどうにか言い聞かせようとしてもダメな時は、方法を変えてみよう。例えばお人形遊びを通して話言葉でさりげなく争いを再現してみるのもいいでしょう。また絵本では様々なテーマに沿って書かれいます。言葉や文字が理解できない年齢でも絵を見て感じ取り、学べることもたくさんあります。

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!