Baby&Kids

「どうして?」という口癖をやめて、「どうすれば?」に変えてみよう

vol.536【1日1成長お母さん】泣く原因を探してもわからない?!だったらどんな時機嫌がいいかを考えよう!

“泣き続ける”“寝ない”ことがママにとって一番のストレス

子育て中のお母さんが一日の中で一番忙しく大変な時間帯は夕方。特に生後2~3ヵ月の乳児の場合、ミルクも足りてオムツもきれいなのになぜか理由もなく泣き続けることがあります。日中は特に問題がなく過ごすのに。これが毎日となると気がめいってしまいますね。

「どうして?」という口癖をやめて、「どうすれば?」に変えてみよう

「どうして寝ないの?」「どうして泣くの?」ついそう叫びたくなるけど、そのどうしてがわかれば、こんなにイライラしませんね。黄昏泣きに限らず、子育てにおいて答えのでないことはとても多いのです。逆の発想で「対処法が分からないなら、うちの子オリジナルの対処法を探し出してみよう!」というくらいの心持ちで構えたいものです。

泣く原因を探してもわからない?!だったらどんな時機嫌がいいかを考えてみて


子どもってどうして泣くのでしょう?ストレスを発散するため?日中の疲れが出てくるから?逆に日中に体力を温存していたために泣いて発散している?暑い?寒い?など理由は様々。また同じ黄昏泣きでも、体いっぱい激しく泣く子もいれば、静かにシクシク泣く子もいます。しかも毎日同じ理由だとも限りません。なので「どうして?」と考えるのは卒業してしまいましょう。

泣くことは悪い事ではない。上手く気分転換をして

理由も分からず毎日続くとなるとお母さんもつらくなりますよね。慌てて何とか泣き止ませようと頑張るのではなく、少し泣いていても寝かせておいて大丈夫です。うんと泣く子は体が強くなっていきます。安全な環境で仰向けに寝ていればお母さんがストレスを上手く発散できる気分転換をして、半年過ぎたくらいから徐々になくなるその時まで上手に乗り切りましょう。

今日の1日1成長

子どもの泣きは原因探しをせずに様々なアプローチを楽しんで!息抜きも!
子どもの適応力も1成長、お母さんの問題解決力も1成長。
森みきこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!