Baby&Kids

1人でごっこ遊び?アイドルになりきることに意味がある!

vol.555【1日1成長お母さん】子どもの想像の羽根に乗って、一緒に創造性を楽しんで!

女の子はみんな大好き!ごっこ遊びが養ってくれる豊かな感性と社会性

女の子は想像で遊ぶのが得意です。3歳くらいから「私がお母さん」「あなたは赤ちゃんね」など、おままごと遊びが始まります。これは、おままごとを通して家族という社会を追体験しているのです。この経験を通して、お母さんに言われた我が家のルールを繰り返して覚えたり、自分と他の家庭の違いを学習したりします。でも時々、5歳くらいの女の子が1人でごっこ遊びに夢中になっていることがあります。これはなぜなのでしょうか。

女の子には自分の世界がある。突然おとぎ話の主人公になっても驚かないで

5歳のTちゃんはひとり遊びが大好きです。その中でもお気に入りはアイドルやシンデレラのごっこ遊び。鏡の前で覚えた振り付けを踊りながら、アイドルになりきっています。また、お手伝いをお願いした時などは気持ちまでシンデレラになりきって「一生懸命働きます!」と床を拭いてくれます。ごっこ遊びと言えばお友だちとみんなでするものと思うと、1人でごっこ遊びを楽しむTちゃんが心配です。止めた方がいいのでしょうか。

ごっこ遊びの中でこそ、いろいろな能力が育つ。子どもの創造性は無限大!

1人で楽しく遊べるというのは、自立心が順調に育っている証です。自立できている子はお友だちとも上手に遊ぶことができます。1人の時間が多いことを、ことさら心配する必要はありません。アイドルごっこは模倣であり、振り付けを一生懸命覚えることで集中力が育っています。シンデレラごっこはなりきることで、掃除を楽しくする方法を自分で編み出しているのです。その場を楽しむ術を知っている、とも言えますね。

止めないで!乗っかって一緒に遊んでみれば、豊かな感受性に気づけます

「遊んでないでしっかり拭いてちょうだい!」「1人で何言ってるの?」と言ってシンデレラごっこから現実に引き戻す必要はありません。女の子の想像力は、やがて人を思いやる気持ちや優しさに繋がっていきます。止めるのではなく見守る、もっと言えばお母さんも参加するくらいの気持ちでちょうど良いのです。一緒になりきって遊んでみると子どもの想像力の豊かさに驚くでしょう。ぜひ子どもの豊かな想像の翼を広げてくださいね。

今日の1日1成長

5歳女子のごっこ遊びは豊かな創造性の印。お母さんも一緒に楽しもう!
子どもの想像力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
むらたますみ(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!