Baby&Kids

どうしたら子どもが頑張るのか?という考えを一切捨てよう

vol.558【1日1成長お母さん】頑張らせるために奮起するより楽しませることを提案しよう

“頑張る”とは“我を張る”こと。子どもの成長には邪魔になることがある

“頑張る”ということは、困難にめげないで我慢してやり抜く。自分の考え・意志をどこまでも通そうとすることを指します。お母さんが頑張っていることの視点を変えてみましょう。頑張ってオムツを卒業させる、たくさんご飯を食べる、9時には寝かせる、絵本や歌の教養をつける…。子どものためを思って頑張っていることを挙げるとキリがありませんが、それらを頑張るよりも成果をあげられることがあります。

“どうしたら遊びにかえられる”という視点をもつとあっさりとクリアできる

子どもの成長には個人差があります。また同じ事柄でもすんなりできる子とそうでない子がいます。お母さんが頑張って何かを身につけさせようとして、良い成果があげられない時は、お母さんと子どもにとっては無理をしていることになります。そんな時は方法を変えるのが一番です。頑張らず、楽しく、遊んでできるなら、こんなにいい方法は他にはありません。

やってみせ、言って聞かせて、させてみせ、 ほめてやらねば、人は動かじ

話し合い、耳を傾け、承認し、任せてやらねば人は育たず。やっている姿を感謝で見守って、信頼せねば、人は実らず。こんな言葉があります。やってみせる、言って聞かせる、させてみせる、ほめてやる、この4つで十分です。真面目なお母さんは「ほめることなんてない」と言うかもしれませんが、チャレンジした気持ちを称えてあげるだけでとびっきりのほめ言葉です。

ただほめるより効果的なのがアクノリッジ!実況中継のように言葉にするとい

いつも叱られ、注意ばかり受ける子は心の中でその言葉を受ける度にとっても悲しい気持ちになっています。どんな子も、大人もほめてもらったりするといい気分になるのは当然ですね。“自分の存在は認められている”という安心感は結果として行動やチャレンジへの原動力となります。今日できていないことにフォーカスすると欠点ばかり目につくけれども視点を変えれば、笑い飛ばせるような些細なことが案外多いものです。

今日の1日1成長

視点を変えるだけで大きな効果が得られるアクノリッジ。前向き言葉を蓄えて
子どもの原動力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
うえだきょうこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!