Baby&Kids

ほめて育てるって言うけれど…。ほめ方にもコツがある!

vol.560【1日1成長お母さん】子どもの自信がどんどん育つ、お母さんにオススメのほめ方

ほめて育てるのが難しいと感じるなら、もっとシンプルに考えてみよう

「子どもは叱らず、ほめて育てよう」と聞いたことがある人は多いでしょう。実際に“ほめて育てる”本はたくさん出ていますし、それを読んで育児の参考にした人もいるかもしれませんね。叱られて育った世代のお母さんたちにはほめて育てるというのは新鮮ですが、ただほめさえすればいいのでしょうか?実践がなかなか難しいと感じるお母さんも多いようですが、もっとシンプルに考えてみましょう。実はほめ方にはコツがあるのです。

叱られて育った親世代。ほめて育てたはずなのに、自信がない子ども

6歳のAくんのお母さんは、ご自身がずっと叱られて育ったことで自信がない自覚がありました。そこでAくんのことはたくさんほめて育てようと決意し、一生懸命実践してきました。ところが5歳を過ぎた頃からAくんがチャレンジすることを恐れていると気づいたのです。難しいことを避け、安全な道ばかり選ぶようになっていました。「自信が持てるようにいつもほめてきたのに、どうしてかしら?」お母さんは戸惑っています。

「スゴイね!偉いね!」は禁句?自信をくじく呪文にもなるほめ言葉

Aくんのお母さんは「スゴイね!天才だね!」と口癖のように言ってきた、とのこと。これはユーメッセージといって「(あなたが)スゴイ!(あなたが)さすが!」とその人自身を評価する方法です。賞賛され、ほめられ続けたAくんは「スゴイ自分でなければならない」という思い込みで自分を縛ってしまいました。その結果失敗を恐れ、チャレンジしないことで自分を守るようになったのです。

自信を育てるのに効果的なのは、お母さんの気持ちを伝えるアイメッセージ

子どもの自信を育むのに効果的なのはアイメッセージで伝えることです。子どものしたことで「(私が)嬉しいわ、助かったわ、楽しいわ」と気持ちを伝えると、子どもは自分の行動によってお母さんが喜んでくれたと感じます。その結果、どんどん行動できるようになり、自信へと繋がっていくのです。子どもの行動を後押しするのはお母さんの感じる気持ち。ユーメッセージをアイメッセージに変えて子どもの自信を育んでくださいね。

今日の1日1成長

ほめて育てるならこれでOK!お母さんの素直な気持ちをそのまま伝えよう
子どもの自己肯定力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
むらたますみ(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!