Baby&Kids

子育て中「もう我慢できない!」という時のいい方法があります

vol.566【1日1成長お母さん】怒り、悲しみなどの感情に蓋をしないで対処法を持とう

成長のたびに問題がすり替わるだけで常に子どものことは心配が尽きないもの

理由が分からず何時間も泣き止まない子を見て「早く大きくなってくれたらどんなにラクだろう」と思いますね。そんな時期を過ぎると「どうしてこんなに落ち着きないのかしら?小学生になればきっと椅子に座ることも覚えるんだわ。あと少しの辛抱かしら?」なんて成長のたびに問題がすり替わっていき、結局お母さんの悩みは尽きないものです。

感情を出すことは悪くない。コントロールの仕方を知ってると生きやすくなる

子どもが癇癪を起こして泣いているときや、どうしても今これじゃなきゃダメ!と意地になっているとき、お母さんは神経をすり減らす思いで対応にあたるでしょう。でもお母さんもそんなときはありませんか?感情が爆発して、つい怒鳴ってしまい、感情的に怒鳴り続けて、自分でもどうしてしまったのかと思うくらいに歯止めの効かない感情になってしまうときです。これは感情コントロールがカギとなるのです。

その点に執着すれば改善できません。一旦別の空気を感じるのが効果的

お母さんのいらだち、叱られて癇癪を起こす子ども、どちらも感情がヒートアップしている状態です。そんなときに冷静に諭されることを言われても素直に聞ける人は少ないでしょう。男性よりも感情に左右されやすいお母さんや幼い子どもならなおのこと。そんなときは、問題のあることを一旦封印しましょう。その場を離れる、外に出て散歩してみる、水を飲む、音楽やテレビを見る、どうしても吐き出したい感情を紙に書き出す。など違う行動をしてみましょう。

怒りのピークは長くて6秒。その6秒をやり過ごす方法を数多く持とう

お母さん自身の激高するような怒りでも、6秒をやり過ごせば怒りに任せて衝動的に行動しにくくなります。また子どもがやった行動に対して一瞬怒りを持つことがあっても、一旦言葉をのむようにしましょう。子どもの感情コントロールが上手くいくカギは「お母さんもそういうどうしようもない気持ちになることがあるわ」と伝えて、特別ダメな感情ではないことを教え、時間の経過と共におさめていく方法を持たせてあげましょう。

今日の1日1成長

怒りを封印しても即効性はない。対処法を数多くもつことで生きやすくなる
子どもの感情コントロール力も1成長、お母さんの共感力も1成長。
森みきこ(文)竹内エリカ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!