Baby&Kids

キレない男の子になるコツ!気持ちを言葉に出すことを教えよう

vol.605【1日1成長お母さん】感情表現・問題解決するための言葉を知っているとキレにくい

女の子は人と関わりながら問題解決をする。男の子はとりあえずやってみる

男の子は女の子に比べて、言葉の発達が遅い傾向にあります。女の子は人と関わりながら問題に対処する傾向があるのに対し、男の子は自分でとにかくやってみるという特性があるためです。みかんの皮が上手にむけない時、女の子は「お母さん、みかんの皮どうやってむけばいい?」などと聞いてみます。男の子はぐちゃぐちゃになっても、とりあえず自分でむいてみます。このようなちょっとした積み重ねで言葉の発達に差が出ます。

男の子は言葉で気持ちや状況を上手く伝えられず、トラブルの解決が苦手

子どもがだんだん成長してくると、自分ひとりでは解決できない問題が起きる場合もあります。たとえばお友だちとのトラブルがあった場合、男の子は先生やお母さんに状況を伝えたいのに上手く言葉にできずイライラして暴れたり「もういい!」と言って大泣きしてしまうこともあるでしょう。またトラブルの原因自体も相手に自分のやりたいこと、されたくないことを上手く説明できないためということもあります。

「悲しい」など感情を言葉で表現し共感されると気持ちをコントロールできる

自分の気持ちを人に伝えられるようになると、感情をコントロールすることができます。「お友だちがおもちゃを貸してくれなくて悲しかった」とお母さんに伝え、お母さんが「悲しかったんだね」と気持ちに共感してくれると、気分がずいぶん楽になるものです。気持ちを言葉で伝えられない子は、キレたり泣き叫ぶことでしか表現できません。「悲しい」「寂しい」「悔しい」「嬉しい」など感情を表現する言葉を教えましょう。

問題解決する能力を身に付けるのには「手伝って」などの言葉を教えれば良い

男の子が人とうまく関わり、問題解決する能力を身に付けるのには「手伝って」「教えて」「代わりにやって」「一緒にやって」などの言葉を教えれば良いのです。簡単な言葉ですが意外に使えない男の子が多くいます。子どもに何か問題が起きたときは「お母さんにどうしてほしい?」と聞いてみてください。上手くお願いできないなら「こういう時は『手伝って』って言うといいのよ」と教えてあげるといいでしょう。

今日の1日1成長

男の子には感情を表す言葉、問題解決するための言葉を教えてあげよう
子どもの問題解決力も1成長、お母さんの伝達力も1成長。
田中京子(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!