Baby&Kids

子どもの“苦手分野”が“得意分野”に変わるアプローチ法

vol.610【1日1成長お母さん】お母さんの視点を苦手分野から得意分野に変えるとうまくいく

「これができるようになったら自信がつくはず」足りない部分に執着しない

自信のある子になってほしい。何事にも意欲的に取り組む、チャレンジ精神を持った子になってほしい。そんな風に思っているお母さんは多いことでしょう。だからこそいろんなことをやらせてみて、できないことや苦手なことを克服させたいと頑張ります。「もっとこうしたらできるのに」「毎日やれば簡単よ」など、しっかり監督して苦手を克服させようとしますよね。でも実はそれ、取り組む順番が逆なのです。

苦手の克服が自信を育む。その順番は子どもにとっては高いハードル

“苦手を克服した経験が自信につながっていく”これは事実です。ですがそのために“苦手”にばかり着目し、その克服だけに焦点を絞ってしまうと、小さな子どもにはハードルが高くなります。大人でさえ苦手なことに取り組むには覚悟とパワーが必要です。子どもは忍耐力や意志力がまだそこまで育ちきっていないので、苦手なことをやり続けるには相当なストレスがかかります。では苦手はどうやって克服したら良いのでしょう?

取り組む順番を変えてみよう。苦手の克服より先に“得意を伸ばす”

実は答えは簡単です。“得意なことを伸ばす”ことから始めるのです。不思議に思うでしょうか?得意を伸ばすことと、苦手を克服することには直接の繋がりがないように感じますが、実は密接に繋がっています。得意を伸ばし、それを使って人の役に立つ経験(例えばできない子に教えてあげるなど)が、子どもの自信を伸ばします。自信がつけばいろんなことにチャレンジできます。苦手に対するハードルも下がっていくのです。

お母さんは監督ではなくコーチ。できると信じて待つことが1番の応援

お母さんは子どもの得意なことを一緒に探してあげましょう。そしてそれを伸ばすコーチになってください。そうやってどんどん得意を伸ばしていけば自信がつき、苦手なことにチャレンジする精神力も身につくでしょう。「あなたならできる」と信じて声をかけてください。お母さんの応援が子どものパワーになります。苦手に取り掛かろうとする子どもの意思は、自ずと出てきます。お母さんは気長に意思の育ちを待ちましょう。

今日の1日1成長

苦手の克服には“得意を伸ばす”。お母さんは監督ではなくコーチになろう
子どもの挑戦力も1成長、お母さんの受容力も1成長。
むらたますみ(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!