Baby&Kids

人生を生きる助けになる言葉「手伝って」と言える子にしよう

vol.614【1日1成長お母さん】1人でやり抜くより人の手を借りてやり抜く方が人生は豊かになる

子どもの新しいチャレンジ。お母さんは腹を据えてグッと見守るに徹するべき

子どもが何か新しいことを初めて行う時、お母さんも少しハラハラしながら見守りますよね。上手にできない時、はたから見ていて明らかにつまずいている時などは特にそうです。「頑張れ〜!」と心の中でつぶやきながら、助けてあげたい気持ちをグッと抑えて、我が子のチャレンジを見ているのではないでしょうか。子どもが意欲的に取り組んでいる間は見守れますが、できないことに腹を立ててぐずり出したら、どうしたらいいでしょう?

意欲が育つ3歳期。4歳期は苦手なことにも取り組む我慢を覚える最適期

いろんなことに取り組む意欲と自立心が育つ3歳を経て、4歳ごろになると次は我慢と人との関わりを覚え始めます。できないこともすぐに投げ出さず、できるまで取り組みたい思いです。子どもができなくてぐずり始めた時、お母さんは「もっと頑張りなさい!」「最後まで1人でやり抜きなさい!」などとはっぱをかけるより、自分で乗り越えさせるチャンスだと捉えて、必要以上に頑張らせてしまわないようにしましょう。

何がなんでも1人で頑張らせるのは逆効果。助けを求める言葉を教えよう

実はこの“できなくて困っている”“それを乗り越えようと頑張っている”のが見える時、一番効果的なのは「手伝って欲しい」という意思表示ができるように導いてあげることです。人の手を借りて困難を乗り越えられたという経験から、子どもは感謝の気持ちを学びます。そして今度は自分が、人を助けてあげられるようになるのです。困っているのが見えたら無理に1人で頑張らせなくても大丈夫。手伝ってあげて構いません。

助けを求める言葉を覚えれば、人生を彩り豊かに生き抜く大きな力になる

ただし本人が何も言わないのに手伝うのはNGです。困っているなと思ったら「手伝って欲しい?」「一緒にしてあげようか?」など、助けを求める言葉を教えましょう。「手伝って」と言える子は、自分のやりたいことを周りの人に感謝しながら達成できる強さを身につけます。助けられ、自分も助ける人間関係はきっと人生を豊かに彩ってくれます。生きる助けになる言葉「手伝って」「ありがとう」を言える子にしてあげましょう。

今日の1日1成長

できなくて頑張っている時は手伝ってOK!助けを求める言葉を教えよう
子どものやり抜く力も1成長、お母さんの見守る力も1成長。
むらたますみ(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!