Baby&Kids

「頑張ってね!」は子どもの心の負担になる。大切なのは成長する喜び

vol.630【1日1成長お母さん】「頑張ってるね」で今を承認。子どものやる気とモチベーションUP

Recommend





「かわいくて子どもが乗りやすい♡」 ファースト自転車ってどう選ぶ?



小さな変化を見逃さず「できたね」で自分の成長に目を向ける

子どもは1日1日、少しずつ成長しています。お母さんが、その小さな変化を見つけて「できたね」「頑張っているね」と声をかけてあげましょう。声をかけることで「応援してくれているんだ」と感じ、やり続けることができます。更に日々成長している自分に気づくことで、成長する喜びも知ることができます。 子どもはとにかく褒められたい思いを持っています。その承認欲求を小さな「できたね」で日々満たしてあげましょう。

“なんでもいいから褒められたい”を自分が成長する喜びに変える

保育園で発表会の練習中の5歳のDくん。家でもお母さんに見せたくて踊ってくれます。「昨日よりもたくさん覚えてきたね。回転もきれいになったよ」過去との比較で承認してあげます。「いつも練習頑張っているね」と認められる事で、もっと頑張りたい気持ちも湧きます。折り紙の端をきれいに揃えて折ること、煮豆を1つお箸でつまめること。小さな“できた”をお母さんの言葉で気づく達成感。自身の成長に気づくことで前向きな取り組みや継続する力にもなります。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE