Baby&Kids

「頑張ってね!」は子どもの心の負担になる。大切なのは成長する喜び

vol.630【1日1成長お母さん】「頑張ってるね」で今を承認。子どものやる気とモチベーションUP

小さな変化を見逃さず「できたね」で自分の成長に目を向ける

子どもは1日1日、少しずつ成長しています。お母さんが、その小さな変化を見つけて「できたね」「頑張っているね」と声をかけてあげましょう。声をかけることで「応援してくれているんだ」と感じ、やり続けることができます。更に日々成長している自分に気づくことで、成長する喜びも知ることができます。 子どもはとにかく褒められたい思いを持っています。その承認欲求を小さな「できたね」で日々満たしてあげましょう。

“なんでもいいから褒められたい”を自分が成長する喜びに変える

保育園で発表会の練習中の5歳のDくん。家でもお母さんに見せたくて踊ってくれます。「昨日よりもたくさん覚えてきたね。回転もきれいになったよ」過去との比較で承認してあげます。「いつも練習頑張っているね」と認められる事で、もっと頑張りたい気持ちも湧きます。折り紙の端をきれいに揃えて折ること、煮豆を1つお箸でつまめること。小さな“できた”をお母さんの言葉で気づく達成感。自身の成長に気づくことで前向きな取り組みや継続する力にもなります。

「頑張っているね」は過程を大切にし「頑張ってね」は結果を重視する

「頑張ってるね!」は現状そのままを承認してあげる言葉です。前進し続ける姿勢の承認です。「頑張ってね!」はゴールを目指して力を振り絞ってね!と応援すること。目標達成に重きを持ちます。本人が前向きな気持ちで取り組めていない時は「もう十分頑張っているのに、何をこれ以上頑張らなきゃいけないんだろう」と負担に感じることも。子どもには頑張っても、なかなかできないことがあります。お母さんの「頑張って」の言い過ぎで、成果を気にする子になりかねません。

毎日「大好きだよ」と抱しめてあげる習慣が、子どものやる気にも繋がる

結果が良くても悪くても、成功しても失敗してもあなたが大切な存在であることを伝えてあげましょう。子どもは日々頑張っています。子どもはできないことに自信をなくしたり落ち込んでいることもあるのです。どんな状態であっても、ありのままを抱擁してあげる。生きる喜びは、成長の喜びをより拡大してくれるはずです。声かけに自信のないお母さんもぜひ習慣にして子どもの心の負担を解いてあげましょう。

1日1成長お母さん

毎日の小さな“できた”を言葉にして「頑張ってるね」と認めてあげよう
子どもの挑戦力も1成長、お母さんの承認力の1成長
さわどあさみ(文)森みきこ(編集)日本キッズコーチング協会理事長竹内エリカ(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!