Baby&Kids

子どもの言いたいことが分からないなら気持ちの伝え方を教えよう

vol.631【1日1成長お母さん】何かを訴えようとする子どもにたくさんの言葉で話しかけよう

記憶力を発揮する子どものうちに、たくさんの言葉をインプットしましょう

子どもが何かを言おうとしている時、状況や様子を察してなんとなく感じとることで、分かることがあります。ですが少しずつ言葉を話せるようになると、無意識に言葉表現に頼るようになります。それは言葉が明確で分かりやすいため。しかし子どもが使える言葉は大人ほど多くないために表現が乏しくなります。覚えた言葉を使いたがる特性を活かしてたくさんの言葉を教えてあげましょう。語彙力はコミュニケーション力に繋がります。

困りごとは問題が小さいうちに対処しよう。課題と考えれば悩みになりません

例えば子どもが「気持ち悪い」とだけ言った時。それ以外の情報を得られないので、朝の忙しい時間は特に困ります。心配が積み重なり今から将来の心配にまで拡大。「どんな時に『気持ち悪い』と言いますか」と質問すると、幼稚園に行きたくない時、気が乗らない時ということを思い出しました。困ったと問題視せず課題として捉えましょう。「どんな時に言うだろう?」記憶を辿って考えると解決に向かう手掛かりが見つかるのです。

お母さんの関心をひとり占めしたい子どもの気持ちに応える会話術

子どもは行きたくない理由を伝えることが難しいため「気持ち悪い」などと言います。するとお母さんの気持ちが自分に向き、幼稚園に行かなくて済むことを覚えているのです。まずは「気持ち悪いのね」とそのまま繰り返しましょう。「気持ち悪い」と言っているのに「イヤイヤ虫がいるのかな」と言い換えてしまうと、子どもは釈然としない気持ちになります。そのまま繰り返してあげるだけで子どもは受け止めてもらえたと思い安心します。

子どもの気持ちに寄り添った言葉がけは子どもの語彙力となり豊かな表現力に

「幼稚園に行きたくない?」など心の動きに適した言葉を選んで聴いてみると良いでしょう。子どもは気が乗らない感情や、行きたくない気持ちをどういう風に言えば良いか分かるようになります。そして、どうしたら幼稚園に行きたくなるかを子どもと一緒に考えます。出来事を共有し向き合うと幼稚園で体験したことや様子など手掛かりとなることにも気づけるでしょう。お母さんと色々なお話をすることで子どもの語彙力はアップします。

今日の1日1成長

子どもの気持ちに寄り添った言葉を選んで感情の伝え方を教えよう
子どもの表現力も1成長、お母さんの推測力も1成長。
國枝愛実(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!