出典:@ pkboo000さん

Baby&Kids

子どもにゲーム機は悪いもの?正しい楽しみ方が知りたい!

お子さんが大きくなってきたら、直面するママも多いゲーム機問題。ママやパパの中には子どもの頃にハマった経験がある人も多いとは思いますが、いざ自分の子どもが熱中しているのを見ると、悪影響など気になってきますよね。今では、ゲームやソフトの種類も多く、どれがいいか迷ってしまうという声も少なくありません。
今回は、そんなゲームにまつわる悩みについて、いっしょに考えてみましょう!

そもそも何歳から買ってあげていいの?

「小1の夏休みにWiiを買いに行きました。周りのお友達も持っている子が多いので…。体を動かしてできるソフトも多いので、雨の日の遊びとして重宝していますよ。」(30代/7歳男児ママ)

「小学生になったらDSを買ってあげました。それからは、四六時中しようとするので、ルールを徹底させるのが難しいですね…。」(30代/8歳男児ママ)

最も多いのは、小学1年生になってからという意見。小学生になると、周りにも持っている子が多くなるため、購入を考え始めるというママが増えてくるようです。

今では、親の影響でお子さんがスマホゲームに触れる機会も多いということもあって、まずはその代わりにもなる携帯型ゲーム機を選ぶという声もありました。ただ、小さい画面でゲームすることは、小さなお子さんの目に悪いのではないかと心配する声も多いようです。

どんなソフトがオススメ?

「Wiiがあるので、『太鼓の達人』を買いました。操作も簡単だし、リズム感も育まれるかなと…。家族や友だちと楽しめるところもいいなと思いました。」(20代/7歳男児ママ)

「小学生1年生のクリスマスにDSをプレゼントしたのですが、その次に悩んだのがゲームソフトのこと。ほのぼのするようなソフトで遊んで欲しいなと思って、『どうぶつの森』を買ってあげました。」(30代/8歳女児ママ)

お子さんにゲーム機を買ってあげたママが、次に悩むのがゲームソフトについてですよね。ゲームソフトの中には暴力的な内容のものもあるため、ソフトによっては、言葉遣いが荒くなってしまったり、性格が乱暴になってしまうのではないかという懸念も・・・。

お子さんのゲームデビューとして選ぶなら、まずは「明るい内容のもの」「感動するような内容のもの」などにしておくといいのではないでしょうか。あとは、「友だちといっしょに遊べるもの」を選ぶと、比較的一人でゲームに熱中することも少なくなるという意見もありました。

どんなルールを決めてる?

「一日の中で2回、一回につき30分だけ遊べるというルールにしています。ゲーム機の横にタイマーも置いておき、自分で管理させるようにしているので、スケジュールを自分で管理できるようにもなりました。」(30代/8歳男児ママ)

「『宿題が終わってから』『片付けが終わってから』という風に、やるべきことが終わってからならしてもいいというように決めました。これは買ったときから徹底しています。最近では、徐々に習慣化してきました。」(30代/9歳男児ママ)

ゲームに熱中することで心配なのが、子どもの成長に対して悪影響を及ぼすのではないかということ。「目が悪くなる」「姿勢が悪くなる」「勉強がはかどらない」などの影響がよく言われていますが、他にも、「家族との会話が減る」「言葉使いが荒くなった」などといった問題が起きてしまう場合もあるようです。
遊ぶ時間やゲームの内容など、親がルールを決めて守らせるということが重要ですね。

ゲームにはメリットもあるけれど…ほどほどに!

ゲームには悪い面だけでなく、「脳への刺激になる」「友だちと仲良くなれる」などいい面もあります。ただし、やりすぎは禁物。なかなか最初は、ルールを守らせるというのは大変なことですが、親が徹底することで自然と身についてくるようです。
ゲームで遊ぶ時間と同じくらい、外で元気に遊んだり、本を読んだりする時間があるというのが理想ですね。

kopei

2015年生まれのゴキゲンな息子のママです。自分に合った美白&保湿ケアを追求中。安くて優秀なコスメ探しが大好きです♡
【Instagram】pkboo000
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]