Baby&Kids

ガミガミをやめられる魔法の言葉「次は何をするんだった?」

vol.643【1日1成長お母さん】4歳頃から先を予測する力が発達する。指示よりも質問で導こう

子育ての悩みは「私が言わないと何にもしない」常に指示を出してしまう

お母さんに子育ての悩みを聞くと「私が言わないと何にもしないんです」という内容のものをよく聞きます。朝、子どもが起きたらお母さんは「さっさと着替えなさい」、着替えたら「早く朝ご飯食べないと保育園に遅れちゃうでしょ」「食べ終わったら歯磨きしなさい」こんな風に立て続けに指示を出しているようです。しかしお母さんも好んで指示を出しているというわけではありませんよね。

自ら動ける子になるためには、指示を出すよりも“予測脳”を鍛えれば良い

「いちいち指示を出さなくても、子どもが勝手に動いてくれたらストレスが減りそう」と思っているお母さんは多くいるでしょう。でもお母さんが指示を出している限り、子どもが自ら動けるようになるのは難しいのです。そうかといって忙しい朝に子どもが自ら動くのを待っていては、保育園にも仕事にも遅刻をしてしまうかもしれませんよね。こんな時は子どもの“予測脳”を鍛えれば良いのです。

子どもが自分で“次に何をすれば良いか”を考えられるように質問で導こう

“予測脳”とは、先のことを予測する力で4歳くらいから発達していきます。この頃から指示を出すばかりでなく“次に何をすれば良いか”を思い出す習慣をつけてあげると子育てはかなり楽になります。今まで「ご飯食べたら歯磨きしなさい」と具体的に指示を出していたのを「ご飯食べ終わったら、次は何をするんだった?」と質問に変えてみてください。質問しながら、肩をポンと叩くと更に予測脳の発達に効果的です。

質問をしなくても自ら「次は何をすれば良いかな?」と考えられるようになる

「次に何をするんだった?」という質問は色々な場面で応用できます。玄関に入ったら「靴を揃えなさい」を「玄関に入ったら何をするんだった?」に変えるなどです。これを繰り返すとお母さんが質問をしなくても自ら「次は何をすれば良いかな?」と考えられるようになるでしょう。クイズを出している感覚で楽しく質問をすれば、張り切って「靴をそろえる!!」と答えてくれるかもしれませんね。

今日の1日1成長

自ら動ける子になるために「次は何をするんだった?」と質問しよう
子どもの予測力も1成長、お母さんの質問力も1成長。
田中京子(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!