Baby&Kids

頑固はねばり強さとも言えます。曲げない自己主張は受け入れよう

vol.647【1日1成長お母さん】意思の強い女の子はねばり強さがあります。やり抜く力を伸ばそう

子どもの頑固な主張は、やりたいことが明確で行動に移したい欲求の表れです

4歳のNちゃんは、体操教室に通っています。教室のお友達と遊んでいる時は、とてもにこやかで柔軟性を発揮します。ところが、お家ではとにかく頑固というのです。お母さんは「娘はものすごく頑固」といいます。言い出したらきかないので、少々困るとのこと。ですが、頑固という事は自分のやりたい事がわかっているということ。キッズコーチングでは子どもがやる気を発揮する時は子ども自身が自ら決めた時と言われているのです。

何としてもやりたい!という子どもの意思が見えたらまずは受け入れましょう

頑固さには、ねばり強さが隠れています。目指すもののイメージを子どもは想像しているのです。うまくできた自分、完成した状態をイメージできていることは子どものやる気に繋がります。目指すものがあるから、努力ができるのです。失敗して泣いてぐずる時もあります。それでもやりたい気持ちがあるから継続し続けるのです。子どもの頑固さは、大人が曲げようとすると余計に抵抗します。「やりたいのね」と受け入れましょう。

やりたいことを思う存分気の済むまでやり続けることで努力する力が育ちます

自分のやりたいことをやれている時こそ、努力する力が育ちます。大人から見れば「こうすれば簡単なのに」というようなことでも子どもは手間をかけ、うまくいきっこないようなやり方だとしても続けます。そんな時に大人が助言すると泣きだしてすねてしまうことも。それは子どもが自分なりにやってみたい気持ちがあるからなのです。どんなに時間をかけても自分でできた喜びは努力の先にある達成感を感じられるチャンスなのです。

もう限界かな?と感じたら先に手出しする前に、子どもに確認しましょう

自分でできた達成感は、やり遂げたという満足感にも繋がります。できた経験を繰り返した子どもはやり抜く力が身につきます。自分でやる!と言ったのにうまくいかない時は「手伝おうか?」と聞きましょう。手伝った方が良いかどうかを子どもに尋ねることが大事。何を手伝ってほしいかが分かる子は、努力しながらもできない時に「手伝ってほしい」と言葉で伝えられるようになります。どうしてほしいかを言える力を育てましょう。

頑固さは個性。自己主張は受け止めて、やり抜く力を育てましょう
子どもの主張力も1成長、お母さんの感察力も1成長。
國枝愛実(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!