Baby&Kids

「イヤイヤ期が長すぎる!」4歳がお母さんに感情をぶつける理由

vol.655【1日1成長お母さん】イヤイヤは頑張りの裏返し。頑張りを認めることから始めよう

毎日お母さんにだけイヤイヤの連続でうんざり。実はそれこそが成長の証

「うちの子もう4歳にもなるのに、どうしてこんなに聞かん坊なんだろう?」「イヤイヤ期が長すぎる!」と思っているお母さん。2歳後半から始まったイヤイヤ期、いつ終わるんだろうとうんざりしているかもしれませんね。2歳のイヤイヤと4歳でのイヤイヤは続けて起こるため、2歳のイヤイヤ期がおさまらずにずっと長く続いているような気がするかもしれません。ですが表面に現れる行動は同じでも、2歳と4歳では理由が全く違うのです。

4歳のイヤイヤは我慢の現れ。公私の区別が付いてきた証でもある

2歳から出てくるイヤイヤ期には、主に2つの原因があります。ひとつは知っている言葉の数が少ないために自分の気持ちをどう伝えたらいいのか分からない時。もうひとつは体がまだまだ未発達で、できるとイメージしたことができない時の苛立ちがイヤイヤとなって現れます。ところが4歳ごろのイヤイヤはそういった理由ではなく、実は毎日の生活で頑張っていたり、我慢したりしていることの裏返しであることがほとんどです。

頑張りと我慢を通して社会性が身につき始める。家ではおおらかに見守ろう

4歳は社会生活を通して自分の気持ちを抑えたり、規則正しい生活を身につけようと頑張ることができる時期です。幼稚園・保育園で先生の言うことをちゃんと聞こうと頑張りますし、お友達と仲良くしようと自分の気持ちをグッと抑えたりします。そんな経験を通して自分を律することができるようになっていくのですが、その我慢がストレスとなり、家の中で気持ちを許せるお母さんに対して爆発するということが起こるのです。

受け入れられると子どもは安心する。「いいよ」で受け入れていると示そう

そんな時は無理に聞き分けさせず、まずは子どもが頑張っていることを認めましょう。「今日も幼稚園で頑張ったのね」と声をかけてください。その上で、子どもの要求に対して「いいよ」と言いましょう。その上でこちらの要求を伝えます。「いいよ、5分待ってね」という具合です。「いいよ」と言われると子どもは受け入れてもらえた安心感を持ち、聞く耳を持つようになります。4歳の頑張りを上手に生かし、待つこと、我慢することを伝えましょう。

今日の1日1成長

4歳は我慢の育てどき。「いいよ」で我慢できる子どもに育てよう
子どもの自律力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
むらたますみ(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中
SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!