Baby&Kids

若いからって気負わなくても大丈夫!叱ることは3つに絞ろう

vol.673【1日1成長お母さん】ガミガミは止められる。叱っていいのは“危険・不道徳・不健康” 。

どこへ行っても一番年下。若いお母さんは子育てを頑張り過ぎることも

10代や20代前半で出産すると若いお母さんになりますね。保育園や育児サークルなど同い年の子どもが集まる場に行くたびに、常に自分が一番年下ということもあるでしょう。周りのお母さんから「若くて羨ましい」だとか「将来子どもと姉妹に間違われるね」など嬉しい言葉を掛けられ、アイドル的な存在になることもあるでしょう。しかし若いお母さんは頑張り過ぎて、子育てが苦しくなってしまうこともあります。

「若いからこそちゃんと育てたい」一生懸命に子育てするのは素晴らしい

「若いからっていい加減な子育てをしているって思われたくない」と考え「厳しくしつけなくては」「みんなに“いい子”と思われる子に育てたい」と気負ってしまうお母さんもいるでしょう。もちろん一生懸命に子育てをしようとするのは素晴らしいことです。でもそうばかり考えていると叱ることが増え、「せっかくお母さんになったのに、全然子育てが楽しめない」と、だんだん辛くなってしまうかもしれません。

しつけのポイント!叱っていいのは“危険・不道徳・不健康”の3つだけ

Sさんは20代の若いお母さんです。どこに行っても恥ずかしくないように、しっかりしつけをしたいと考えています。それゆえ近頃は怒ってばかりの毎日になってしまっています。「優しいお母さんになりたいのに怒ってばかりいる。でもしつけは大事だし、どうすればいいか分からない」と言います。子どもを叱っていいのは“危険・不道徳・不健康”の3つだけです。それ以外は叱る必要のないこと、お母さんの都合によるものです。

分かっていてもできないこともある。そんな時は7秒以上抱きしめて!

お母さんでも分かっていてもできないこともあります。叱らなくていいことで衝動的に叱ってしまい、子どもを傷つけてしまうことがあるかもしれません。そんな時は気持ちが落ち着いてから「さっきはごめんね」と謝ればよいのです。「ごめんね」と言えないような気分の時は、子どもをぎゅっと7秒以上抱きしめてください。そうするとお母さんも子どもにもオキシトシンという愛情ホルモンが分泌され、心が穏やかになるはずです。

今日の1日1成長

衝動的に叱ってしまった時は子どもをぎゅっと7秒以上抱きしめて
子どもの成長力も1成長、お母さんの愛情力も1成長。
田中京子(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!