Baby&Kids

子どもの忘れ物を防ぐのは「忘れないで」より「持って帰ってね」

vol.706【1日1成長お母さん】楽しいことが大好きなタイプには、笑顔で短く伝えよう

忘れ物が多い子は、他の子と比較せずその子の特性を見極めて改善しよう

忘れ物が減らない子どもに対して、どう声をかけたら減るのか悩んでいるお母さんは多いでしょう。「忘れ物をしないでね」と声をかけて公園に送り出したのに、やはり忘れ物をして帰ってくるとお母さんはがっかりします。しかし忘れ物をしない子どもだっています。その子を見て「あの子ができるのだから、うちの子もできるはず」そう思うのは自然なことでしょう。ですが子どもの性格が違うので、できることも違ってきます。

理解度も忘れ物の数も子どもによって違う。それぞれに伝わる方法を選ぼう

T君は公園でお友達と遊ぶのが大好きです。寒い冬でも上着を着て、ネックウォーマーをして外で遊びます。しかし、身に着けていたものや水筒を忘れて帰って来るときがあります。お母さんはいつも怒っていました「なんで忘れるの?前もあったよね?何度も言ってるよね?今年で何本失くしたの?」T君にはお兄ちゃんがいますが、お兄ちゃんは忘れ物をしません。なぜ兄弟でこんなに違うのかお母さんには不思議でした。

ニコニコ愛想の良いタイプは忘れん坊。特性を理解すると対応が分かる

子どもには持って生まれた気質があります。気質とは、いわゆる個性です。キッズコーチングでは気質を5つに分類しています。T君はいつもニコニコ愛想が良く誰とでも仲良しです。お友達もとても多く、お母さんにとってもT君の笑顔は幸せを感じさせてくれます。反面楽しいことに常にアンテナをはっているため、長い話や難しい話などはあまり聞いていません。そのため、比較的忘れ物が多くなりがちです。

必ず伝えたいことは、頭に残りやすいように短い言葉で伝えましょう

T君の気質をエンジェルタイプと言います。このタイプには短い言葉でわかりやすく伝えましょう。「忘れ物をしないでね。前にも言ったよね」ではなく「上着を持って帰ってきてね」でいいのです。たくさんの言葉は頭を混乱させます。シンプルな肯定文で伝えましょう。お母さんが伝わりやすい会話をこころがけることで子どもに言葉が蓄積され、会話力のアップに繋がるでしょう。

今日の1日1成長

「忘れ物しないで」より「持って帰ってね」とシンプルな肯定文で伝えよう
子どもの責任力も1成長、お母さんの会話力も1成長。
さかきばらやすこ(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!