Baby&Kids

1歳児、自ら進む子どもの“やる気”はお母さんの理解と共感から

vol.725【1日1成長お母さん】1歳児のいたずらの意味を探り、見守りと承認でやる気を伸ばす

1歳は興味や関心を行動に起こし、物の道理を身をもって学んでいきます

1歳は実験期と呼ばれ、自ら体験し学ぶ時期。 興味や関心に対してアプローチし、小さな達成感や「できた!」を繰り返しながら能力を伸ばしています。子どもがティッシュの箱からティッシュを引き出し続ける姿を見たお母さんは、それを止めたい気持ちが湧くかもしれません。ですがその時、子どもは子どもなりの好奇心を行動に表しながら確かめています。目で捉えたものを、手を伸ばして引っ張るという高度な挑戦であり学びなのです。

お母さんのぎりぎりまで待って見守る勇気が、子どもの成長を促していきます

Mちゃんが広告の紙を見つけ触っています。少し見守っていると座って何か始めました。一生懸命に紙をちぎっています。お母さんは食べてしまわないか…片付け面倒だな…と頭をよぎりますが危ないことではないので、更に見守ります。最後までやり切るとMちゃんの顔は充実感でいっぱい。「沢山ちぎれたね!」と承認の言葉をかけました。ちぎる動作も子どもの両腕、両手の手首や指先の細かい動きのトレーニングになっていきます。

体験がさらなる好奇心の元。具体的な言葉で子どもの「できた」に共感しよう

子どもは本来、学びたい欲求の塊です。大人からすると簡単な事でも、子どもにとっては知恵と体を使って一生懸命にしたこと。大事な動きを獲得していく過程なのです。止めたくなる子どもの1つ1つの行動には意味があります。その意味をお母さんが関心を持って知ると、子どものちょっとした成長を心を込めた言葉で承認しやすくなります。それは子どもの次の行動力をサポートし、やる気を育てるコミュニケーションになります。

その場その場での声かけが1歳児の理解力の元。言葉と記憶を紐付けよう

耳を傾けること言葉をかけることは、あなたに関心を持っているというメッセージの1つ。子どもの行動に対しても心を傾けてみましょう。1歳児は一度にまとめて褒めても理解不可能です。記憶に関わる機能が発達してくるのは3歳過ぎ。1歳の今は、子どもの成長に丁寧に付き合う貴重な時間です。小さな変化を見逃さずに認めて“言葉”で表すと、自分の行動と、親の反応や言葉の関係性を学びます。言葉がけで子どもの理解を深めましょう。

今日の1日1成長

1歳児は行動を通して学んでいる。「ダメ」と言う前に観察し、言葉にしよう
子どもの行動力も1成長、お母さんの努力も1成長。
さわどあさみ(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!