Baby&Kids

賢い子を育てるのは、勉強だけでなくお母さんの質問力!

vol.733【1日1成長お母さん】勉強にプラスして考えさせる質問が賢い子どもを育てる

勉強は苦手よりは得意になってほしい。能力を伸ばす選択肢が溢れている

子どもには賢い子になってほしいと願うお母さんは多いでしょう。“賢い子”とは“勉強が得意”というだけではありません。しかし勉強は苦手よりは得意な方がいいと思いますよね。現在は早期教育の教室や通信教育などがたくさんあります。どこの教室が子どもに合うか、いつから通わせるべきか、など選択肢がたくさんあります。子どものことを研究しつくした教材は素晴らしいものが多く、子どもの能力開花に期待できるでしょう。

賢い子は自分で考える!解決してあげるより自分で考えるチャンスを与えよう

勉強以外の面でも賢い子になるために必要な要素があります。それは子どもが自分で考える力を身に付けることです。そのために有効なのは、お母さんが日頃から上手に質問することです。子どもが「お菓子の袋が開かないの」などと言ったときに、お母さんは「貸して、開けてあげるわ」と解決してあげているかもしれません。それを「どうしたら開くと思う?」と質問し、日頃から頭を使って自分で考えさせるようにするのです。

4歳になると次のことを考える“予測脳”という能力を鍛えてあげよう

時には「歯でちぎってみる」などと、お母さんが期待する答えと違うことを言い出すかもしれませんが「そんなのやめて」と否定するよりも、まずは「なるほどね」と考えたことを認める言葉を掛けてあげてください。また4歳くらいになると、次のことを考える“予測脳”という能力が身に付いてきます。この頃から「ご飯を食べたんだから、歯磨きしなさい」と指示するよりも「ご飯食べた後は、何をするんだった?」と質問し、能力を鍛えてあげてください。

勉強にプラスして考える習慣をつけてあげると“賢い子”になっていく

このように日常生活において頭を使う習慣をつけてあげると、子どもが小学校に入って本格的に勉強をするようになっても「分からないからイヤだ」と思うよりも「分からないけど、どうしたら解けるかな」と考えるようになるでしょう。賢い子を育てるためにはやはり勉強も大切ですが、勉強を教えることにプラスして日常で考える習慣をつけてあげると更に子どもは能力を伸ばし“賢い子”になっていくでしょう。

今日の1日1成長

賢い子に育てるために子どもに質問をして考える習慣を身に付けてあげよう
子どもの思考力も1成長、お母さんの質問力も1成長。
田中京子(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!