Baby&Kids

子どもたちに落ち着きがない。部屋を片づけスッキリさせてみよう

vol.739【1日1成長お母さん】視覚から得る情報は約9割。環境を整えると気持ちも落ち着く

常にお母さんの口癖は「片付けなさい」毎日の習慣なのになぜできないの?

Eさんの家には男の子が3人います。3人もいると物が多くなり部屋が散らかります。子どもたちが家に帰って来ると玄関には靴が散らかり、かばんはソファーに置きっぱなし。上着も脱ぎっぱなしです。お母さんは常に片付ける先を指示しますが、子どもたちは全く片付ける気配がありません。それどころか喧嘩まで始まり、せっかく片付けた部屋がすぐ散らかります。幼稚園や学校ではできているのになぜ家ではできないのでしょうか。

視覚から得られる情報量を利用してお片付けの習慣を身に着けよう

私たちは五感からたくさんの情報を得ています。特に視覚から得られる情報量は多く、子どもの場合は約9割といわれています。幼稚園や小学校だとお片付けができるのは、視覚に訴えかける工夫がされているからです。例えば靴。幼稚園でされているように玄関に靴をかたどったマークを置き、そこに併せて靴を置くように教えてあげれば良いのです。玄関で靴を脱ぐたびに目に入り、靴を揃える習慣が身につくでしょう。

片付け先が物に埋もれて見つけにくいと、片付けることを忘れてしまいます

Eさんは片付ける場所を常に子どもに教えていますが、子どもたちはなかなか片付けられません。玄関に靴をそろえるための靴型のマークも置きましたが、遊び道具に埋もれてしまいマークが分かりにくく感じます。せっかくお母さんが片付け先の工夫をしても、子どもたちにとって見にくいマークでは意味がなくなります。周囲をスッキリさせるため遊び道具を置くことをやめるなどして、マークが目立つように工夫しましょう。

部屋の整理整頓することで視覚情報をすっきりさせて心に余裕をもたせよう

人は視覚からの情報の割合が多いため、物や色がたくさんあることで落ち着きがなくなることもあります。不必要なものを片付ける、色を統一する。など部屋をスッキリさせると気持ちも落ち着くでしょう。片付けやすい環境をお母さんが用意することで、子どもたちみずから動けるようにしていきましょう。お母さんや子どもたちの気持ちにも余裕ができるでしょう。

今日の1日1成長

視覚からの情報は気持ちや行動に関係します。環境を整える工夫をしよう
子どものお片付け力も1成長、お母さんの工夫力も1成長。
さかきばらやすこ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!