Baby&Kids

自信のなさそうな子が、のびのび自信に満ちた子に変身する方法

vol.741【1日1成長お母さん】ありのままの子どもの姿を受け止め、好きなことをさせましょう

出会う体験とチャンスの間口は広く。本来、子どもは受け入れ態勢は万全です

Yくんはとても控え目な印象の男の子でした。いつもお母さんの後ろに隠れていました。少々照れ屋さんの面も見え隠れしている様子。体を思いっきり動かすタイプの子でもなく、どちらかと言えばパズルやお絵描きが好きそうな子でした。お母さんも「Yは運動があまり好きじゃないのです」といいます。ですが子どもはどこにやる気スイッチがあるか分かりません。好きより楽しいを先に。“楽しい”と感じた瞬間、スイッチが入るのです。

経験と機会に出会うチャンスを与えよう。好きか嫌いかは子どもが決めること

詳しい様子を聞くと、お母さん自身が子どもと体を使って遊ぶなどの運動が苦手といいます。自然と運動の機会より机上でする遊びの時間が多くなっていました。運動教室に参加するとYくんは楽しいと感じたのでしょう。何度も繰り返すうちに集中力は伸び、自分の意思も伝えられるようになりました。最後は、自分で遊びを考え披露してくれる程の自主性も芽生えたのです。自主性は楽しむ中から「やってみたい」湧きおこる意欲なのです。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

Recommend
[ 関連記事 ]