Baby&Kids

子どもの会話力を伸ばすには、お母さんが聞き上手になりましょう

vol.744【1日1成長お母さん】笑って相づちをし、質問をします。答えが出るまで待ちましょう

お母さんは子どもの応援団長。いつでも笑顔で成長を見守っています

子どもが小さい時に質問される多くの内容は、きっとこの2つでしょう「何歳?お名前なんていうの?」子どもは上手くお話ができないときは指で表しながら、一生懸命年齢と名前を伝えます。隣ではお母さんがそんな子どもの成長した姿を笑顔で見守っていることでしょう。そんな小さなやりとりをたくさんする中で、人と会話をすることを子どもは学んで行きます。

「早く!早く!」はお母さんの都合。子どものペースに合わせましょう

ところがお話が上手にできるようになったのに、モジモジして言葉がうまく出なくなる子どももいます。その状況に待っていられず「この子は〇〇歳です。名前は〇〇です」と答えてしまうお母さんもいます。お母さんの返事は見本になります。正しい言葉で受け答えをするのは良いことです。ですが毎回お母さんが答えていると、せっかく子どもが会話力を伸ばす場をなくしてしまうことになるかもしれません。

成長するにつれて性格は変わります。できなくなるのも一つの成長です

人にはもって生まれた性格があります。それが成長していくにつれて、関わる人や周りの環境によって少しずつ変わっていくのです。それゆえ子どもの行動や性格が、小さな頃と違っても不思議ではありません。ですから「以前はできたのに」と心配しなくても大丈夫です。そして一見できなくなったように見える受け答えですが、親しい人とそうでない人との違いをしっかり認識し初めたという証拠なのです。

お母さんは“あいづち上手、質問上手”答えはゆっくり待ちましょう

家ではお母さんから子どもへ質問したり、「なんでだろうね?」と考える時間を持たせてください。難しい質問ではなく、必ず答えられる質問からがいいですね。答えは子どもが言うまで待ちましょう。先回りをして答えないようにします。お母さんは笑顔であいづちを打ったり「それで?」と、次の言葉が出るような返事をします。そうする事が会話力を伸ばすことに繋がります。たくさんの言葉を使い会話力も語彙力もアップしていくでしょう。

今日の1日1成長

子育ては待つことの連続。先を急がず、子どもペースで答えを待ちましょう
子どもの会話力も1成長、お母さんの忍耐力も1成長。
さかきばらやすこ(文)田中京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!