出典:@ mitty__obentoさん

Baby&Kids

子どものお弁当箱、選び方のポイントはサイズと素材!

春になり、新しい生活を迎え新たにお弁当デビューという人もいますよね☆また、子どもの成長に伴い、お弁当箱の買い替えを検討している人もいるかもしれません。今回は子どものお弁当箱の選び方について、まとめてみました!

■子ども向けのお弁当箱の選び方とは?

出典:@ mitty__obentoさん

子どもが幼稚園や保育園でお弁当箱が必要となること、ありますよね。家とは違う環境でお友だちといっしょに食べる、子どもたちの大好きなお弁当。家とは違う場所で食べるからこそ、お弁当箱選びは重要です。今回はお弁当箱選びに重要な”サイズ”と”素材”について注目してみました。早速確認してみましょう!

■お弁当箱のサイズ選び!

お弁当箱を選ぶ重要なポイントは、”サイズ”です。「たくさん食べてほしい!」という想いから大きめのお弁当箱を選んでしまいそうですが、実は小さめがおすすめ。特に年少さんや新入園した子どもたちは、いつもと違う環境で食べるお弁当の時間はうれしい反面、緊張するもの。
いつもよりも食べきる時間がかかってしまうことも想定されます。また、「食べきれず残してしまった」よりも「全部残さずに食べられた!」の方が子どもの自信に繋がるためです。以上のことを考慮した上でお弁当箱を選ぶといいでしょう。

・280ml


出典:@ eikana_kitchenさん

年少さんで、特に食が細い子は280mlほどの大きさがおすすめ。また、保育園の未満児さんにもぴったりのサイズです。小さいお弁当のため、大人のお弁当と同じ感覚で詰めてしまうと「全然おかずが入らなくて難しい」と感じるママも。お弁当に合わせておかずの大きさも工夫すると楽に詰められそうです☆

・300ml

出典:@ stonejunky_kanaさん

年少さん~年中さんに多い300ml。おにぎり1個におかずを何種類か詰めていっぱいになる程の大きさです。360mlは大きいけど、300mlは小さすぎるかな?と感じるママは、300mlのお弁当箱とは別にデザート入れをセットで用意してもよさそうですね☆

・360ml

出典:@ cucinaakikoさん

年中さんあたりになると360mlのお弁当箱を選ぶ人が多いようです。360mlになるとママたちもおかずを詰めやすくなるでしょう☆メーカーによって異なりますが、13.5×13.5cmほどの手のひらサイズのものが多いです。

・450ml

出典:@ぶきっちょさんでも簡単に作れる!かわいいお弁当を作って春を満喫☆

年長さんあたりになると、450mlでもペロリと食べきる子どもも増えるでしょう。男の子や食欲旺盛な子だと500mlを完食できる子も!450mlのお弁当箱とは別におにぎりやデザートを持たせるママもいます。

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE