Baby&Kids

ワガママと駄々こねに中途半端に対応すると後でおつりがくる

vol.685【1日1成長お母さん】欲求感情を受け入れて、感情解消法は適切な言葉を教えてあげる

「ダメ」で効かないのは子どもが「ダメ」の意味が理解できていないから

子育て中のお母さんが直面するお悩みに多いのが子どものワガママ。全力でアピールする欲求。お母さんの方が参ってしまい「泣きたくなるのは私の方よ!」と心の叫びが聞こえてきます。そんな時、どこまでワガママを聞いてあげればいいのか、または強く叱る方がいいのか線引きが難しいと思うでしょう。正解を求める前に最初にすることは「欲しいのね」「イヤなのね」と全面的に要求を言葉に出してキャッチしてあげることなのです。

その場しのぎの感情的な対応は、子どもにとって百害あって一利なし

こんな時に取ってしまいがちな対応は、大きくふたつに分かれます。ひとつはイライラが募り「もう知らない!勝手に泣いてなさい!」などと突き放してしまうこと。もうひとつは早くその場を収めたくなり「今日だけよ」と子どもに根負けしてしまうことです。突き放された子どもは「自分の要求は通らない」と諦めを覚えます。反対に「今日だけよ」と対応された子どもは「駄々をこねると思い通りになる」と学習するのです。

ポイントは“感情と行動を切り離す”こと。子どもの感情に罪はない

目の前でギャーギャー子どもに泣かれるとどうすれば良いのか分からなくなり、ついついそんな対応を取ってしまう。お母さんなら誰しも経験があるでしょう。そんな時に思い出してほしいことがあります。それは“感情と行動を切り離す”ということ。子どもが「アメがほしい」と感じたのは事実なので、それを否定することはできません。ですがそのために泣き喚いて駄々をこねる、という行動は正さないといけないのです。

感情を受け入れてから行動を正すと、子どもの自律心がどんどん育つ

そのためには“アメがほしい”という子どもの気持ちを受け入れること。「そう、アメがほしいのね」と繰り返します。これをリピート法といい「あなたの気持ちは分かった」というサインになります。その上で「明日食べようね」「帰っておうちにあるおやつを食べようね」など、してほしい行動を示すのです。感情と行動を切り離し、感情は受け入れて行動を正す。その繰り返しが子どもの自律心を育てます。きっと子どもの聞き分けの良さに驚く日が来るでしょう。

今日の1日1成長

まずは気持ちを受け入れてから行動を正し、望ましい行動へ導こう
子どもの自律力も1成長、お母さんの承認力も1成長。
むらたますみ(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!