Baby&Kids

思いやりを育むたったひとつの方法。人に優しくされること

vol.690【1日1成長お母さん】人の気持ちが想像できる5歳までにたくさん優しさを与えよう

人生を豊かに彩る思いやりの心。人に優しくできる子になってほしい

「思いやりのある子になってほしい」「人に優しくできる子になってほしい」と願うお母さんは多いでしょう。小さな子にはおもちゃを貸せるようになってほしいし、泣いている子には励ましや慰めの言葉をかけられるようになってほしい。思いやりがある子は人に恵まれ、人生が豊かになります。そう思うからこそ、思いやりの心を育てようとお母さんは言い聞かせるのです。「小さい子には優しくね」「みんなで仲良くしてね」と。

どうして小さい子に優しくしないの?お母さんの心配は時期尚早

4歳になったばかりのN君は、とても頭の回転が早く、物事の理解力が高い子です。周りの人にも「賢いね」「さすがね」と言われることが多いのですが、お母さんにはひとつ気になることがあります。こんなに何でも周りの子よりできるのに、どうしてか小さい子に優しくないのです。おもちゃや遊具も譲れないし、面倒を見るということもありません。お母さんは「そこさえ直せば言うことないのに」と心配しています。

心の育ちには順番がある。思いやりの気持ちは5歳ごろから少しずつ育つ

実は、人の気持ちを推し量ったり“こうしたらこうなる”というように先のことを考えて行動したりする脳の働きは、4歳を過ぎてから少しずつ発達してきます。特に人の気持ちを考え、思いやりをもって行動できるようになるのは5歳頃と言われています。それまでは自分の行動と人の気持ちを関連づけて考えるのは難しいのです。決して優しさがない、意地悪な子どもという訳ではありません。お母さんは安心してくださいね。

人に優しくされた経験をたくさん積むと、人に優しくできる子になる

人の気持ちを想像するには、自分がまずその気持ちを経験している必要があります。“以前こんな風にしてもらって嬉しかった”と記憶していて初めて「だからこういう風にしてあげよう」と思いやりを込めて行動できるようになるのです。5歳までにたくさん優しくしてあげましょう。「嬉しい」という気持ちをたくさん味あわせてあげることが、愛情深い思いやりのある子に育つ一番の近道なのです。

今日の1日1成長

思いやりの心を育てるために、優しくされる経験をたくさん積ませよう
子どもの友好力も1成長、お母さんの協調力も1成長。
むらたますみ(文)神谷京子(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

竹内 エリカ

幼児教育家 日本キッズコーチング協会理事長。2児の母。20年にわたり発達心理について研究し、約15,000人の親子に携わる。発達支援では多動症・不登校の克服、運動指導では全国第1位他、14賞のコーチ実績がある。「竹内エリカのわくわく子育てCafe」パーソナリティ。竹内エリカから直接メッセージが届く「ママのためのワンポイントコーチング100」登録受付中

関連記事

SHAREFacebook
TWEETTwitter
LINE LINE

PickUp
[ おすすめ記事 ]

SPECIAL!